炎熱竜将(フレアジェネラル) ダムジッド・ヴァラー/Flare General, Dumjid Valor》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - 【コスト】[手札からグレードが合計3以上になるように1枚以上、捨てる]ことで、裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:竜炎
【自】【(V)】:登場時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンを1枚表にする]ことで、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたのドロップゾーンの守護者1枚につき、そのターン中、このユニットのパワー+15000。
【自】【(V)】【ターン1回】:相手の、守護者か【Gガーディアン】が登場した時、『竜炎状態のこのユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1』してよい。

 プレミアムコレクション2019で収録されたかげろうGユニット

 2つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時に相手リアガード1枚を退却させ、ドロップゾーン守護者1枚につき、パワー+15000を得る自動能力

 相手リアガード1枚を退却させる単発効果パワー増加を行う継続効果という組み合わせの単純な能力であるが、退却竜炎能力要件を満たすための補助、パワーの増加は要求シールド値を増やして相手守護者Gガーディアンコールを誘いやすくするといったようにいずれも3つ目の能力と良く噛み合った効果となる。

 3つ目の能力は、1ターンに1回、相手守護者Gガーディアン登場した時に『竜炎状態の自身をスタンドし、ドライブ-1を得る』を行える自動能力

 竜炎状態することで使えるようになるスタンド能力という点で《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》に近い性質を持つが、こちらは相手守護者Gガーディアン登場した時にコストなしでスタンドし、スタンド後はドライブ2となる。

 誘発条件相手に依存してしまうものの、結果的にカード消費なしでスタンドでき、スタンド後の追撃とドライブチェックによって純粋なアドバンテージを得られる。
 2つ目の能力パワーを増やしていれば自然と守護者Gガーディアンコールを誘えるので誘発は期待しやすくなり、スタンド前後で多大な要求シールド値を稼げるようになる。

 相手守護者Gガーディアンコールを一切しなかった場合は不発となるが、その場合は基本的にアタックヒットないし相手に大量のシールドを消費させることに成功しているので十分に役割は果たせていると見ることができる。

 仮にこのカードアタックしたバトルより後に誘発した場合は、スタンド前はドライブ3、スタンド後はドライブ2となるので、2枚のアドバンテージとなる。

 一方、スタンド前のこのカードアタックしたバトル誘発してスタンドした場合は、スタンド前後共にドライブ2になるので、1枚のアドバンテージとなる。
 一応、その誘発待機状態を取り消せば、スタンド前のドライブ3を維持しつつ、後続のリアガードが担当するバトルスタンド相手守護者Gガーディアンコールの牽制を狙うことができる。

 ただし、後続のリアガードが担当するバトルでも相手守護者Gガーディアンコールすることが可能であることが前提のプレイングであり、相手にその手段が残されていない状況で実行してしまうと、結果的に貴重な誘発の機会を単に無駄にしただけになってしまう可能性がある。
 そのため、相手手札を把握し切れていない場合には、ドライブを減らしてでもスタンドする方が堅実といえる。

 また、このカードが参加するバトルよりも前のバトルリアガードに担当させると、そのバトル守護者Gガーディアンコールされて貴重な誘発の機会を逃してしまう可能性がある。
 そのため、このカードが参加するよりも前のバトルを、誘発が見込めるような要求シールド値が高めのリアガードに担当させることは基本的に避け、このカード竜炎状態となっている場合は最優先でバトルに参加させる様にしたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q5308 (2019-05-01)
    Q. “相手の、守護者か【Gガーディアン】が登場した時”を条件とする自動能力は、『守護者』を持つカードがガーディアンサークル以外に登場した場合でも発動しますか?
    A. はい、発動します。『守護者』を持つカードが登場したのであれば、それがガーディアンであるかやリアガードであるかは参照しません。
  • Q5309 (2019-05-01)
    Q. “相手の、守護者か【Gガーディアン】が登場した時”を条件とする自動能力は、このカードがアタックしていないバトルにおいても発動しますか?
    A. はい、発動します。「炎熱竜将 ダムジッド・ヴァラー(V-SS01/013)」がヴァンガードとして存在する状況で、“相手の、守護者か【Gガーディアン】が登場した時”という条件が満たされたのであれば、どのバトルかに関わらず、自動能力は発動します。
  • Q5310 (2019-05-01)
    Q. “相手のリアガードを1枚選び、退却させ”という効果が実行できない場合でも、“あなたのドロップゾーンの守護者1枚につき、そのターン中、このユニットのパワー+15000”という効果は実行されますか?
    A. はい、実行されます。

収録情報 節を編集

スペシャルシリーズプレミアムコレクション2019V-SS01/013 RRR イラスト/いけだ俺はもうアイツの憧れを裏切らねぇ!