滅星輝兵(デススターベイダー) グルーボール・アヴァランチ/Death Star-vader, Glueball Avalanche》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - 【コスト】[手札からグレードが合計3以上になるように1枚以上、捨てる]ことで、裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【永】【Gゾーン】:あなたのGゾーンに表の「滅星輝兵 グルーボール・アヴァランチ」が2枚以上なら、相手のカードが解呪される際、かわりに裏でバインドされる。
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【ソウルブラスト】(1),Gゾーンを1枚表にする]することで、相手のリアガードを2枚選び、呪縛し、相手の、呪縛カードと裏のバインドゾーン1枚につき、そのターン中、あなたの前列のユニットすべてのパワー+2000。

 プレミアムコレクション2019で収録されたリンクジョーカーGユニット

 1つ目の能力は、Gゾーンに表の《滅星輝兵 グルーボール・アヴァランチ》が2枚以上あるなら、相手カード解呪される際、かわりに裏でバインドされる永続能力

 有効化している間は、相手呪縛カード解呪される際、「解呪する」が「裏でバインドする」に置換される。
 ユニットのいないリアガードサークルを用意することで、《創世機神 オルトワイルダー》《星輝兵 ミューレプトン》等の能力に繋げられる。
 ただし、「裏でバインドする」に置換してしまうことで、次のターン相手リアガード呪縛する効果目標がいなくなってしまったり、呪縛カード解呪に関する誘発条件要件効果を含む能力の利用を阻害してしまうといった不都合がこちらにも生じる場合もある。

 相手カード効果解呪する場合でも置換効果は適用されるので、解呪によって呪縛カードを処理しようとした相手ディスアドバンテージを与える事ができる。
 特に解呪を得意とする【メサイア】に対しては、相手呪縛カード解呪を疑似的に封じることで戦術に大きな打撃を与える事ができる。

 その他、2つ目の能力《シュヴァルツシルト・ドラゴン》(フォース)起動能力の様に相手バインドゾーンの裏のカードを利用する能力の利用を狙う場合には、その枚数を増やす手段としても活用できる。

 要件は1枚目を超越した場合なら、後半の起動能力で2枚目を表にしておくことで、そのターンエンドフェイズから満たす事ができる。
 逆にこの永続能力が邪魔になる様であれば、能力コスト等でこのカードに表にすることを控え、2枚目以降を超越することも避けておきたい。

 2つ目の能力は、ターン1回、ソウルブラスト(1)とGゾーンの裏のカードを1枚表にすることで、相手リアガードを2枚選び、呪縛し、相手の、呪縛カードと裏のバインドゾーン1枚につき、そのターン中、あなた前列ユニットすべてにパワー+2000を与える起動能力

 目標となる相手リアガード2枚を自由に選べる呪縛を行え、相手呪縛カードと裏のバインドゾーン1枚につき前列ユニットすべてにパワー+2000を付与できる。
 単発効果部分で相手前列リアガード2枚を呪縛することでバトル回数を減らしてシールドの消費量を抑えられ、継続効果も1枚辺りに最低パワー+4000の増加が見込める。

 呪縛カードだけでなく、バインドゾーンの裏のカードの枚数が増えるだけでもパワーの増加量を増やすできるので、呪縛を重視しない【リンクジョーカー】でもパワーの増加の恩恵を得やすい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q5323 (2019-05-01)
    Q. “相手のカードが解呪される際、かわりに裏でバインドされる”という効果が有効な場合、「星輝兵 カオスブレイカー・クライシス(G-CB06/007)」等の“解呪された時”を条件とする自動能力は発動しますか?
    A. いいえ、発動しません。解呪される際、かわりに裏でバインドする処理が行われているためです。

収録情報 節を編集

スペシャルシリーズプレミアムコレクション2019V-SS01/020 RRR イラスト/yuukoo009万物は崩壊する。