星雲竜(せいうんりゅう) バリオエンド・ドラゴン》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - 【コスト】[手札からグレードが合計3以上になるように1枚以上、捨てる]ことで、裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:登場時、【コスト】[Gゾーンを1枚表にする]することで、相手のサークルにあるマーカーすべてと、相手の手札のプロテクトすべてを除外し、除外したマーカーやプロテクト1つにつき、そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。(アクセル・マーカーがなくなったら、追加された(R)もなくなり、そこにいるユニットも退却する)

 プレミアムコレクション2020で収録されたリンクジョーカーGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時、Gゾーンの裏のカードを1枚表にすることで、相手手札疑似カード「プロテクト」すべてと、[[相手のサークルにあるマーカーすべてを除外し、除外した疑似カード「プロテクト」マーカー1つにつき、そのターン中、パワー+10000/クリティカル+1を得る自動能力を持つ。

 イマジナリーギフトによって相手が手札]]に加えたり配置した、疑似カード「プロテクト」マーカーすべてを除外して自身のパワークリティカルの増加に利用する能力であり、イマジナリーギフトアイコン以外でイマジナリーギフトを獲得できる能力を持つカードにとってはまさしく天敵である。

 特にアクセル・マーカーの場合は置かれていたサークルにいたリアガード退却させた上でそのサークル自体を消滅させるので、退却に成功すれば相手に明確なディスアドバンテージを与えることができる。

 疑似カード「プロテクト」の場合も疑似カードとはいえ相手手札守護者を消失により、それによるパワークリティカルの増加効果の無力化を防げるので、アクセル・マーカーに次いで除外できる利点が大きい。

 フォース・マーカープロテクト・マーカーについては除外しても置かれていたサークルにいたユニットパワー等が元に戻るだけでリアガード手札守護者を削れるわけではないが、それらのマーカーを参照する能力を持つカードが存在するのでその利用を妨害することができる。

 ただ、明らかに相手に依存している傾向があり、下手に欲張って除外できる数が増えるのを待っている間に敗北してしまっては本末転倒なので、1~2つ程度の除外するだけでも役割としては十分に果たせると考えるようにしたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q5927 (2020-05-22)
    Q. “相手のサークルにあるマーカーすべてと、相手の手札のプロテクトすべてを除外し”という効果により、「イマジナリーギフト:アクセル」のマーカーが除外され、追加されたサークルが消滅しました。消滅したサークルに存在したユニットが持つ、“(R)から退却した時”を条件とする自動能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。アクセル・マーカーが除外される場合、サークルを消滅させる前に、そのサークルにいるユニットを退却させます。
  • Q5928 (2020-05-22)
    Q. “相手のサークルにあるマーカーすべてと、相手の手札のプロテクトすべてを除外し”という効果により、「フォースⅠ」のマーカーが除外されたゲーム中です。再度「イマジナリーギフト:フォース」のイマジナリーギフト処理を行う場合、「フォースⅡ」を選択することは可能ですか?
    A. いいえ、別のギフト種別を選択することはできません。

収録情報 節を編集

スペシャルシリーズプレミアムコレクション2020V-SS07/015 RRR イラスト/HMK84その法則は、ここでは意味をなさんのだ。
V-SS07/S15 SR イラスト/HMK84(※なし)