(めぐ)みの霊神(れいじん) アメノサグメ/Spiritual Deity of Benevolence, Ame-no-sagume》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
オラクルシンクタンク - ノーブル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】神託(あなたの手札が5枚以上で有効):[あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットは【自】(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、2枚引き、あなたの手札から1枚選び、捨て、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)。』を得る。

 俺達!!!トリニティドラゴンで収録されたオラクルシンクタンクGユニット

 アタックした時にGゾーンから1枚を表にすることで、『アタックヴァンガードヒットした時に2枚ドローし、手札から1枚をドロップし、カウンターチャージ(1)/ソウルブラスト(1)する自動能力』を得る神託自動能力

 コストGゾーンの表のカードを稼ぎつつ、後からドロップを行うタイプの1:2交換のドローとリソースの補充を狙えるガード強要能力を得ることができる。
 神託の制限があるがそれを有効にする手間や要領に関しては《導きの天神 ワカヒルメ》と同様なのでそちらを参照。

 《天翔ける瑞獣 麒麟》が持つ自動能力《破龍戦神 カムスサノオ》が得る自動能力と比較して、良質な1:2交換のドローに加えてリソースの確保ができる利点は大きいが、神託の制限がやや厳しく、デッキボトムカードを置くことができない等の違いもあることから使い分けていきたい。

 神託能力持ちのGユニットの中ではGゾーンの表のカードの存在や枚数に依存することなく利用できるので、《プレシャス・オフィディアン》《神魂烈士 イクツヒコネ》の6〜7ターン目での利用が狙いやすいといった利点がある。

 また、コストで表にするカードには特に制限はないので、利用する予定のないカードを利用してジェネレーションブレイク(2)等の有効化を早める用途にも利用することができる。
 《荒神の霊剣 スサノオ》なら2つ目の能力要件を満たすために、Gゾーンの表の「アマテラス」や「ワカヒルメ」のカードを表にする用途に使うことができる。
 さらに、コストが共通する《エキサイトバトルシスター みろわーる》と合わせてGデッキに入れておけば、神託能力の有効化が狙いにくい場合にも対応できるようになり、その安定性を高められる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 天探女(アメノサグメ)」は、天稚彦(アメノワカヒコ)に仕えるような描写で日本神話に登場する女神。

FAQ 節を編集

  • Q2966 (2017-01-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2970 (2017-01-12)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3009 (2017-01-12)
    Q. 自動や起動の神託能力を解決したあと、手札が4枚以下になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階で手札が5枚以上あるなら、その後に手札が4枚以下になってもその効果が失われることはありません。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター俺達!!!トリニティドラゴンG-CHB02/022 R イラスト/海鵜げそ札の数は、神力の強さに比例する。