実直(じっちょく)探索者(シーカー) エグバート/Forthright Seeker, Egbert》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「爛漫の探索者 セルディック」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2) - カード名に「探索者」を含むカード] このユニットが【双闘】していて、他のあなたのカード名に「探索者」を含むユニットが4枚以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

 竜剣双闘で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 シークメイトの指定カードは、【探索者】において汎用性の高い能力を持つ《爛漫の探索者 セルディック》

 双闘状態での能力は、エスペシャルカウンターブラスト(2)で、他の「探索者」のユニットが4枚以上ならパワー+5000/クリティカル+1を得る起動能力

 双闘状態の《爛漫の探索者 セルディック》も枚数に数えられるため、必要な「探索者」のリアガードは3枚になる。
 その枚数を稼ぐ手段としては、ヴァンガード双闘した時にスペリオルコールが行える《弩弓の探索者 ギルダス》がいるのでそちらを活用すると良い。

 共通する効果を含む起動能力を持つ《孤高の騎士 ガンスロッド》《神速の騎士 ガラハッド》等と比べると、双闘状態であることの他、エスペシャルカウンターブラストや他の「探索者」のユニットの枚数を要求するようになっていることから【探索者】以外での使用が厳しい。
 【探索者】においても、シークメイトコストになるドロップゾーンを肥やすのに役立つ《湖の巫女 リアン》《みるびる》を採用しづらいのは欠点になり得る。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q922 (2014-05-15)
    Q. このユニットの能力を使用した時、レギオンメイトである「爛漫の探索者 セルディック」を他のユニットとして数えることはできますか?
    A. はい、レギオンメイトもユニットとして扱うので、数に含まれます。
  • Q923 (2014-05-15)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q924 (2014-05-15)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q925 (2014-05-15)
    Q. 双闘しているヴァンガードは1枚のユニットですか?
    A. いいえ、2枚のユニットです。そのため、能力でユニットの枚数を数える場合、2枚として数えます。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜剣双闘BT16/002 RRR イラスト/てるみぃ彼らは、一途に探し続ける。真の自由へと至る道を。