六道忍竜(りくどうにんりゅう) ジョウルリラカン/Rikudo Stealth Dragon, Jorurirakan》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ぬばたま - アビスドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、表でバインドし、相手は自分の手札から1枚選び、裏でバインドする。さらに、あなたのカード名に「修羅忍竜」を含むハーツカードがあるなら、そのターンの終了時、この効果でバインドされたカードをドロップゾーンに置き、ないなら、そのターンの終了時、相手はこの効果でバインドされたカードを手札に加える。

 ファイターズコレクション2015で収録されたぬばたまGユニット

 ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(2)で相手リアガード1枚を表でバインドし、相手は自身の手札1枚を裏でバインドし、そのターンの終了時に相手はこの効果バインドされたカード手札に加える自動能力

 カウンターブラスト(2)とコストは重めだが《修羅忍竜 マントラコンゴウ》《修羅忍竜 ヨザクラコンゴウ》のように相手手札の枚数に依存した要件がない。
 《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》《忍竜 シラヌイ》《嵐の忍鬼 フウキ》等を活用して相手手札を2枚以下にした状態で使えば、自身や後続のユニットアタックへの対処をほぼ不可能な状態にでき、フィニッシャーとして申し分のない性能を発揮することができる。

 相手カード2枚をバインドでき、単独で高パワーを叩きだせるという性質から、《忍獣 クロコ》能力との相性も良い。
 誘発条件を満たせば相手に2枚分のディスアドバンテージを与えることができる。

 また、「修羅忍竜」をハーツ化していれば、《忍獣 クロコ》を利用せずともターンの終了時の時限誘発バインドしたカードドロップゾーン送りにすることができる。
 その場合には、フィニッシャーとしてだけではなく、確実にコストに見合ったディスアドバンテージ相手に与える能力としても運用できるようになる。

 ハーツ化が可能な「修羅忍竜」は、【ぬばたま】全般で汎用的に使えるカードが揃っているのでハーツカード要件を満たすのは容易いと言える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「浄瑠璃」とは、三味線を伴奏楽器として太夫が詞章(劇中人物の台詞やその仕草、演技の描写を含むもの)を語る劇場音楽・音曲である。
  • カード名フレーバーテキストの「六道(りくどう)」とは、仏教において迷いあるものが輪廻するという、「天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道」からなる六種類の迷いある世界のことを指す。

FAQ 節を編集

  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1264 (2015-04-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/012 RRR イラスト/touge369天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄。忍に六道あり。