《ルナスクエアの奇跡(きせき) クリフォード/Miracle of Luna Square, Clifford》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ペイルムーン - エルフ パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットは、ターンの終わりに表で戻る)
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、ソウルからグレード2以下のカードを1枚選び、(R)にコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+2000。

 ファイターズコレクション2015で収録されたペイルムーンGユニット

 アタックヴァンガードヒットした時にソウルからグレード2以下のカード1枚をスペリオルコールする自動能力を持つ。

 ソウルグレード2以下のカードのみとやや限定的だがアドバンテージを稼げ、バトルフェイズ中のスペリオルコールによってリアガード1枚の疑似スタンドとなりさらにパワーまで与えることができる。

 スペリオルコールの対象は、各種ソウルチャージに加え、《夜空の舞姫》《スマイリング・プレゼンター》を活用すれば十分に確保でき、《フライング・ペリュトン》《パープル・トラピージスト》能力を活用すれば、ブーストを加えた疑似スタンドも狙うことができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

魔道サーカスきっての大曲芸師。大舞台「ルナスクエア」での公演を成功させ、“ペイルムーン”発展の火付け役となった事から「ルナスクエアの奇跡」という二つ名で世界中の観客に絶賛されていた。サーカスが軌道に乗った頃、誰にも行き先を告げずに忽然と姿を消してしまった為、以降の動向は不明である。

FAQ 節を編集

  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1266 (2015-04-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/041 RR イラスト/榊原璃子月光の舞台(ステージ)で、今宵も奇跡の幕が開いた。
PRカードはじめようセット 弧月の奇術師PR/0357 イラスト/榊原璃子奇跡の舞台(ステージ)へ、ようこそ。