《スチームナイト カリブム/Steam Knight, Kalibum》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ギアクロニクル - ギアロイド パワー8000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(R)に登場した時、相手のリアガードを1枚選び、相手はそのユニットを山札に戻し、自分の山札からそのカードのグレード-1のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。(コールしたいカードがない時は見つからなかったことにできる)

 討神魂撃で収録されたグレード2のギアクロニクル

 相手リアガード1枚をそのカードグレード-1のものと入れ替えることができる。
 スペリオルコール対象となるカードは1枚のみとはいえ相手山札から任意に選ぶことができる。
 リアガードサークル登場した時の能力誘発の他にも、必要なカードの確保に利用されることも考えられるので、《時空獣 アップヒーバル・ペガサス》能力以上にリスクが大きい。

 グレード0のリアガードを対象にできれば相手に1枚分のディスアドバンテージを与えることができる。
 そのカードトリガーユニットであった場合に相手山札トリガーユニットの増加に繋がり、グレード3のリアガードを対象にすると相手インターセプト要員を与えることに繋がってしまう。
 可能な限りそのようなリスクが少ない先駆スペリオルコールされたファーストヴァンガード、次点で相手山札トリガーユニットを減らせる可能性があるグレード1、相手シールドを減らせるグレード2のリアガードを対象にしてやると良いだろう。

 ただしグレード1やグレード2を戻した場合でも、《エンカレッジ・エンジェル》《メイデン・オブ・デイブレイク》《探索者 トランキル・ユニコーン》のようなカードコールされて相手ユニットパワーが上がってしまう、という危険もあるので注意したい。

 誘発条件の関係から基本的には使いきりの能力ではある。
 《時空竜 エポックメイカー・ドラゴン》能力タイムリープバインドすれば、そのターンの終了時の時限誘発によってリアガードサークルスペリオルコールされることで再度誘発させることができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

時間と空間を自在に移動する集団“ギアクロニクル”に所属する兵士。
本人の戦闘能力は突出して高いわけではないが、タイムエンジンの扱いに長け、武器やアーマーの改造を自ら手がけるのが得意。
開発・改造した兵器を“芸術品”であると称し、過去に数千もの「作品」を生み出した。

愛用のブーメラン型兵器「TA-3031.Type-B」は、推進機構、変形機構に加え、時間の逆流機構を備えている。
ギアクロニクル内で研究されているものとは別の理論によって時間を逆流させているらしいが、
その詳細を理解できるのは、本人の他は組織内でも数名のみだという。

  • カリブムとは、シュメール王初期王朝時代のキシュ第1王朝カリブム王の事だろう。

FAQ 節を編集

  • Q1576 (2015-08-27)
    Q. グレード0のカードを選んだ場合、どうなりますか?
    A. 何もコールできません。
  • Q1577 (2015-08-27)
    Q. この能力は強制ですか?
    A. はい、強制です。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/083 C イラスト/喜久屋めがねもう一度、やり直すことだ。