光戦竜(こうせんりゅう) ギガノブレイザー》 [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのターン中、このターンにあなたのユニットに新たな武装ゲージが3枚以上置かれているなら、あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【【カウンターブラスト】(1), 【ソウルブラスト】(1)]することで、2枚引き、あなたの手札を2枚(R)にコールする。それらのユニットそれぞれに、あなたの山札を上から1枚まで武装ゲージとして裏で置く。(表を見ないで置く)

 クランセレクションプラス Vol.1で収録されるグレード3のたちかぜ

 1つ目は、自分のターン中、このターンに自分のユニットに武装ゲージが3枚以上置かれていれば、前列のユニットすべてのパワー+5000する永続能力

 武装ゲージを3枚調達するだけでパンプアップでき、対象も武装ゲージを必要としていないのも大きなポイント。
 必要枚数である3枚まで到達しないといけないが、このユニットの起動能力で2枚、リアガードの能力で残り1枚を調達すれば簡単に条件を満たせる。

 もっとも、《点灯竜 パラサランプ》1枚で武装ゲージ3枚を瞬時に調達できるのでこれも覚えておくといい。
 
 2つ目は、カウンターブラスト(1)、ソウルブラスト(1)することで、2枚引き、手札を2枚コールする。それらのユニットにそれぞれ、山札の上から1枚を武装ゲージとして裏で置く起動能力

 コストは軽くはないが、手札を消費させず、リアガード武装ゲージを調達した状態で増やすことができる。コールさせる対象はやはり、自力で武装ゲージを調達できるユニットが一番有力だろう。
 この能力のコストに使った分を補いやすい《鋭棘竜 ポラカンスパイン》ドロップゾーンから武装ゲージを調達できる《サベイジ・シューター》をコールするのが妥当か。

 癖が少なく、他のグレード3と比較しても扱いやすい印象があり、他のユニットとの噛み合わせもかなり良い。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/022 RRR イラスト/石田バルその殺意は、地の果てまで届く。
スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/SP04 SP イラスト/石田バル‎?なし