Duo(デュオ) 絢爛金魚(ゴージャス・レディ) カズハ/Duo Gorgeous Lady, Kazuha》

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
バミューダ△ - マーメイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1) - カード名に「Duo」を含むカード] このユニットが【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、他のあなたのカード名に「Duo」を含むリアガードを1枚選び、手札に戻し、あなたの山札からそのユニットと同名のカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

 歌姫の学園で収録されたグレード1のバミューダ△

 誘発条件コストは厳しく効果対象も「Duo」のリアガードに限定されているが、低コストリアガード手札に戻す共に1枚分のアドバンテージが得られるのでコスト効率は良い。

 似たような能力を持つ《ターコイズブルー ティレニア》と比べるとコスト効果対象の厳しさから【Duo】以外で利用の厳しい欠点はある。
 一応、元々のパワーは及第点の数値となっているので誘発はいくらか狙い易い。

 同名のカードを揃えることが重要となる【Duo】で運用に関しては、《Duo 小さな秘密 ローヌ》と同様の《Duo 竜宮撫子 ミナモ》《Duo 閃きの音色 チコラ》とコンボの他、《Duo 魅惑の瞳 リィト》ブーストしながらスタンド能力の下準備を整えるガード強要を狙うことができる。
 《Duo 恋の雫 クアンシー》《Duo 小さな秘密 ローヌ》等と組み合わせても更なる手札の増加に繋げることができる等、様々なコンボに繋げられる。

関連カード

ユニット設定

「プロジェクトDuo」所属のゴージャス系マーメイドアイドル。マーメイド界の名門、「ニシキ」家の跡取り娘。
非常にプライドが高く、いかなる分野でも自分の力でトップを勝ち取るべく邁進する究極の負けず嫌い。
ことアイドル活動においては、家を一切関わらせようとしない事からも、その気概が伺える。

また、良家の娘として、デビュー前から自分の名が知れ渡っている事を熟知していた為、
そのイメージを崩さぬよう――元々の彼女を知る者達にいらぬギャップを与えないよう――、
煌びやかなゴージャス系アイドルとして活動を行っているのである。

「妖艶な色香漂う大人のアイドル」。 “バミューダ△”ではまだ発展途上の分野であった為、
開拓するにはもってこいのジャンルだったのだろう。「カズハ」はこの分野で第一人者として扱われ、
彼女を皮切りに、同分野のアイドルが、様々な事務所からデビューし始めた。

彼女のアイドル活動は、新たなジャンルに日の目を当てて、業界全体を盛り上げた。
親譲りの経営者としての才覚か、はたまたただの偶然か……いずれにしても、業界を動かした女性として、
今後は内外問わず、世間の注目の的になっていく事だろう。

FAQ

  • Q1395 (2015-06-18)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q1401 (2015-06-18)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1424 (2015-06-18)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。

収録情報

クランブースター歌姫の学園G-CB01/019B R イラスト/T-TRACK美女には、危険の匂いがするものよ。
G-CB01/019W R イラスト/T-TRACKもう遅いかも。切札は揃ってしまったわ。