空母竜(くうぼりゅう) ブラキオキャリヤー/Carrier Dragon, Brachiocarrier》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたの《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「城塞竜 ブラキオキャッスル」を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 蒼嵐艦隊で収録されたグレード2のたちかぜ

 このカードスペリオルコールするのはグレード3の《城塞竜 ブラキオキャッスル》である。
 基本的な特徴は《城塞竜 ブラキオキャッスル》のページを参照のこと。

 元々のパワーはかなり低く、基本的にパワー15000ラインが限界になる。
 相手ヴァンガードパワーが高ければ、割り切って低いラインで運用することになるだろう。

 《城塞竜 ブラキオキャッスル》《輸送竜 ブラキオポーター》と違い「前列要員から前列要員」のコールなので、このカードしか退却させられなくてもサークルの空きを気にせず使える。
 《城塞竜 ブラキオキャッスル》パワー9000なので、リアガード狙いなら単体でもヒットを狙える可能性がある程度残る。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

要塞兵器「キャッスル」と同日に実戦配備された試験用の空母兵器。 外装以外は生体部品で構築されている為、機械竜ではあるが
ディノドラゴンという分類をされている。 運用には大量の乗組員が必要である為、燃費は悪いが、運搬目的の兵器としては自衛に
適している事、数百の兵士を空を介して運搬できる事など、もたらす恩恵も大きい。
また、航空攻撃部隊のエネルギー消費を防ぐ移動手段としての運用が検討されており、同機は航空部隊の管轄に入る事が検討されている。

FAQ 節を編集

  • Q272 (2012-09-20)
    Q. 『ドロップゾーンに置かれた時』に発動する能力は、ドロップゾーンに置かれた時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q273 (2012-09-20)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も行いません。次に書かれていることを行います。この場合、山札を見たので、山札をシャッフルします。

収録情報 節を編集

ブースターパック蒼嵐艦隊BT08/076 C イラスト/ToMo空母竜が実戦配備された時、時代が変わった。