城塞竜(じょうさいりゅう) ブラキオキャッスル/Citadel Dragon, Brachiocastle》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー9000 / シールドなし / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたの《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「輸送竜 ブラキオポーター」を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 蒼嵐艦隊で収録されたグレード3のたちかぜ

 このカードスペリオルコールするのはグレード1の《輸送竜 ブラキオポーター》である。

 《怒竜 ブラストザウルス》などと類似した能力だが、上記の通りカード名が異なるカードスペリオルコールする点、コストカウンターブラスト(1)になっている点、要件がある点が異なる。
 運用のために複数種類のカードを採用せざるを得ないのは一長一短だが、コスト的にアドバンテージになり、《翼竜 スカイプテラ》に近い感覚で使えるため、その点では大分使いやすくなっている。

 しかし上記の通り、この能力コールするのはパワー5000でグレード1の《輸送竜 ブラキオポーター》
 単体ではとても役に立たないため、同時に別の《輸送竜 ブラキオポーター》などを退却させることで前列も確保したり、既にスタンド状態のユニット後列コールできるようにして、疑似スタンドによるアドバンテージに繋げたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

身体の大半を大型武装内に格納した要塞型ディノドラゴン。 露出している部分は特殊装甲にて補強されている。
“たちかぜ”としては初の要塞兵器であり、現在この「キャッスル」はプロトタイプという名目で運用されている。
内部には多数の兵士及び「ポーター」も配備されており、これにより“たちかぜ”は今まで以上に「安全かつ大胆な強硬策」を取る事が可能となった。惜しむらくはこの兵器に見合うサイズの巨竜が極僅かしか配属されていない事だろう。

FAQ 節を編集

  • Q272 (2012-09-20)
    Q. 『ドロップゾーンに置かれた時』に発動する能力は、ドロップゾーンに置かれた時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q273 (2012-09-20)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も行いません。次に書かれていることを行います。この場合、山札を見たので、山札をシャッフルします。

収録情報 節を編集

ブースターパック蒼嵐艦隊BT08/074 C イラスト/ToMo現代戦において、勝敗は、開戦前に決している。