怒竜(どりゅう) スパークザウルス/Raging Dragon, Sparksaurus》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー5000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「怒竜 スパークザウルス」を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 魔侯襲来で収録されたグレード1のたちかぜ

 《怒竜 ブラストザウルス》グレード1版。

 主な使い方としては、ブーストをさせた後に、バトルフェイズ中にリアガード退却させることを要求する能力コスト効果の対象にすることだろう。
 その後、自身の能力によって新たな《怒竜 スパークザウルス》をコールすることで、手札1枚の消費で疑似的なスタンドができる。
 特に《破壊竜 ダークレックス》《破壊竜 スコールレックス》とは相性が良く、このカードコストにした後でそれらと同じ縦列の後列に2枚目以降をコールする事で、確実に要求シールド値を上げる事ができる。

 また、ドライブチェックスタンドトリガースタンドしたユニットや、バトルフェイズ中にスペリオルコールされた《タンクマンモス》等と同じ縦列の後列に、何らかの能力を利用してさらにこれをスペリオルコールすることで、左列か右列1つを疑似的にスタンドできる。
 他にも、リアガードの枚数が揃っていない状態で、バトルフェイズ中に退却させて能力を使用し、スタンド状態のユニットと同じ縦列にスペリオルコールすることで、手札1枚の消費で要求シールド値を高めることができる。
 ただし、メインフェイズまでに手札にあったグレード1以下のカードコストに使うくらいなら、普通にコールした方が早いだろう。

 しかし、コスト効果でこのカード退却させた時点で既に1枚分のディスアドバンテージを背負うことには注意が必要である。

 総じて、ブースト先の選択肢が少ないパワー5000であるのにもかかわらず、複数枚投入する必要がある点や同じ能力を持つ《怒竜 ブラストザウルス》と違って単体ではヒットを狙えない点が相成り、使いづらい面が目立つ。
 しかし、《怒竜 ブラストザウルス》と違いブースト役になれることや手札に複数枚を加えてしまった場合でもガーディアンとして使用できるのは評価できるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

群れを成して大地を荒らす機械竜。
元は草食のおとなしい種だったが、外敵の多い現環境に適応していく過程で次第に狂暴化していった。
恐るべきはその食欲であり、彼らが通った場所にいた生物は骨も外殻も食い尽くされ、存在した痕跡すら残せないと言われる。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック魔侯襲来BT03/057 C イラスト/開田裕治蟻の群れじゃない! 怒り狂う竜の群れなんだ!