(いや)しの真・解放者(トゥルー・リベレイター) エルリーゼ》 節を編集

Gユニット  〈4〉
ゴールドパラディン - エルフ パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から2枚見て、1枚を(G)にコールし、そのバトル中、【自】(G)】:アタックがヒットしなかった時、このユニットを(R)に移動してよい。』を与え、1枚を山札の下に置く。

 ファイターズコレクション2017で収録されるゴールドパラディンGユニット

 ジェネレーションブレイク(1)は、ガーディアンサークル登場した時にカウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のGガーディアン1枚を表にすることで、デッキトップ2枚から1枚をスペリオルコールし、『アタックヒットしなかった時に自身をリアガードサークル移動できる自動能力』を与え、1枚をデッキボトムに置く自動能力

 使えるタイミングは遅めだが、《黄金獣 すれいみー・フレア》と同様にスペリオルコールで追加のガーディアンを確保できる。
 こちらはスペリオルコールできる枚数こそ1枚とはいえ、リアガードが1枚もいない状態からでも使え、ヒットの阻止に成功すれば移動リアガードを1枚補充できるというのは大きな利点となる。
 グレード2のカード等のインターセプトを持つカードならリアガードサークル移動した後もインターセプトで守りに貢献できるので、シールドの量に不安がある場合は狙い目である。

 また、《黄金獣 すれいみー・フレア》と同様に1枚で結束の有効化が行える点から【結束】のギミックとの親和性にも優れており、《神聖魔道士 マルレイン》シールド10000のガーディアンとして2回の利用を狙ったり、インターセプトを見送った《薄陽の騎士 マルキア》でのリソース補充に利用するといった使い方も視野に入れることができる。

 コストに関しても、Gゾーンの表のカードを稼げる点から《黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン》《黄金竜 スピアクロス・ドラゴン》の補助手段として利用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/029 RRR イラスト/touge369神の力を宿した霊薬は、奇跡の呼び水となる。