暴走凶鬼(ぼうそうきょうき) ヘルハード・エイト/Temerarious Cataclysmic Rogue, Hellhard Eight》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
スパイクブラザーズ - オーガ パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【Gブレイク】(8):あなたのユニットがアタックした時、あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+10000し、【自】(R)】:[このユニットと、あなたの手札を1枚選び、ソウルに置く] このユニットが、アタックかブーストしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から1枚まで探し、ユニットのいない(R)にコールし、山札をシャッフルする。』を与える。

 ファイターズコレクション2017で収録されたスパイクブラザーズGユニット

 ジェネレーションブレイク(8)は、ユニットアタックした時にユニット1枚にパワー+10000と『アタックブーストしたバトルの終了時に自身と手札1枚のソウルインで、山札から1枚までスペリオルコールする自動能力』を与える自動能力

 使えるタイミングは極端に遅いが、ユニット1枚にパワーバトルの終了時に2:1交換のスペリオルコールを行う能力を付与する。
 カードの消費に糸目をつけなければ手札が尽きるまで、要求パワーの増強、スペリオルコールによる疑似スタンドを繰り返し、相手シールドの大量消費を誘うことができる。

 与えた能力でのカード消費については《マシンガン・グロリア》を利用すればコスト競合を発生させずに補うことができ、コストソウルを稼げるので、《ジャガーノート・マキシマム》《メイヘム・タイガー》等との相性にも優れる。

 与えた能力の利用を見送れば、効果で選んだユニットパワーが増えた状態のままフィールドにそのまま留まるので、《フロッグ・レイダー》とも相性がよく、手札山札突撃能力を持ったカードが尽きるまで《フロッグ・レイダー》スタンドしながらパワーを増加し続けられる。

 また、必ずしもアタックしたユニット効果をで選ぶ必要はないため、《特別名誉博士 シャノアール》が与える能力のようにユニット1枚のパワーを集中に増やしたり、与える自動能力は無駄になるが、このカード自身にもパワーを与えることができる等状況に応じて器用に立ち回れる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3246 (2017-05-02)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3254 (2017-05-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3255 (2017-05-02)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/015 GR イラスト/じんてつお前達の脳裏(スコアボード)に刻んでおけぃ!「歴史的大敗」とな!