憤怒(ふんぬ)騎士(きし) アグラヴェイル》(アクセル) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
ゴールドパラディン - デーモン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:アタックした時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),リアガードをすべてソウルに置く]ことで、そのターンにあなたがコールしたリアガードと同じ枚数、山札を上から見て、望む枚数(R)にコールし、山札をシャッフルする。
【起】【(V)】:【コスト】[【ソウルブラスト】(12)]することで、このファイト中、相手はノーマルユニット以外をコールできない。(スペリオルコールもできない)

 The Mysterious Fortuneで収録されるグレード3のゴールドパラディン

 1つ目は、アタック時にカウンターブラスト、さらにリアガードすべてをソウルインすることで、このターンにコールしたユニットの数だけ山札を上から見て、好きなだけスペリオルコールする自動能力

 アタック回数を増やせるメリットがあるが、スペリオルコールできる数=このユニットのアタック前にコールされた数ということに気を付ける必要がある。
 特にコールする前にリアガードサークルの大半が埋まっていること、そして相手のターンに回ってきた時の手札の数にも注意を払わないといけない。
 もちろん、ライド時に獲得できるアクセルによってリアガードの数を増やせるので、ブーストやアタックを行ってからこの能力を使用するのがいいだろう。
 加えて、スペリオルコールを行う際、コール数を増やしたい時に、既に登場しているリアガードを退却させないといけないこともあるため、連続アタックを決めたいのなら、思い切って退却させた方がいい。

 2つ目は、ソウルブラスト(12)することでファイト中、相手はノーマルユニット以外のユニットコールを禁止する起動能力

 効果を発揮されたら最後、ファイトの勝敗が付くまで相手にトリガーユニットコールを全面的に禁止させる強力無比な効果だが、12枚ものソウルを必要とすることから、相応の手間が必要。
 アクセルで追加されたリアガードサークルを含め、このユニットだけでも最大6枚は確保ができるが、それでも足りないため、できるだけサークルを埋めてからソウルインさせるといい。
 
 禁止能力は、あくまでトリガーユニットを封じるため、ノーマルユニットである守護者完全ガードを防ぐことはできないが、トリガーユニットによるガードを封じたり、インターセプトを使わせて、リアガードを排除することも可能。
 特にトリガーユニットには高パワーのシールド値を持つのが存在するため、ガード不能に追い込むことができ、仮にガードされても、前半の効果でスペリオルコールされたユニットでアタックして、手札を徹底して使わせるプレイングもできる。
 ただ、相手の手札が少ない時に使用するのがもっともだが、前の相手のターンのドライブチェックで手札が増えているため、できるだけ手札を使わせた方が効率的にいい。
 また、自分の手札が複数枚所持した上で実行した方が、アタック後のケアもしやすい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe Mysterious FortuneV-EB10/001 VR イラスト:タカヤマトシアキアッタマ来きた!もうテメェらの好きにはさせないぞ!
V-EB10/SV01 SVR なし