憤怒(ふんど)騎士(きし) アグラヴェイル/Knight of Fury, Agravain》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ゴールドパラディン - デーモン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:あなたのメインフェイズ開始時、【ソウルチャージ】(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【起】【(V)】:[【ソウルブラスト】(8),【カウンターブラスト】(5)] そのゲーム中、このユニットのクリティカル+1し、『【永】【(V)】:あなたの《ゴールドパラディン》のリアガード1枚につき、このユニットのパワー+1000。』を得る。

 極限突破で収録されたグレード3のゴールドパラディン

 起動能力を使用し、リアガードサークル5つすべてがゴールドパラディンで埋まっている状態を維持することで、常時パワー15000/クリティカル2のヴァンガードになる。
 メインフェイズ開始時の自動能力も加味すれば単独パワー17000となり、パワー25000ラインまでなら難なく実現可能。

 ただし、リアガードを大量に退却させられたりインターセプトしたりすることでパワーが下がる点には注意が必要。
 そのせいで要求シールドを増やされてしまうと困ったことになる。

 攻防一体というメガブラストとしては理想的な特性を持っている強力な効果だが、【ゴールドパラディン】ソウルの増加にそれほど長けてないので活用が難しい。
 カウンターブラストを使わずにソウルの増加に繋がる実用的な手段は《くーんがる》《フレイム・オブ・ビクトリー》、それに《紅の小獅子 キルフ》起動能力程度である。

  • 小説版第3巻(VS櫂トシキ雀ヶ森レン)では、タッグファイトでソウルが共有できる点を活かして先導アイチメガブラストを発動した。気合いの入った挿絵と前後の熱いシチュエーションでかなり目立っていたが、発動した次のページであっさり負けてしまっているという些か間の抜けた展開となっていた。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

攻撃的なシルエットの全身鎧を纏った“ゴールドパラディン”赤獅子団の重剣士。 先の内乱の頃から“シャドウパラディン”に属していたが、「ブラスター・ダーク」の封印により行動の指針を失った騎士団に失望し、より戦の多い環境を求めて“ゴールドパラディン”への配属を志願した。 英雄達に対して畏敬の念は持っていないが、その実力は高く評価しており、剣を交える機会を虎視眈々と狙っていたという。 唯々己が剣を振るえる場を求めて彷徨い続けるのみの存在。 彼は獅子では無く、獅子の皮を被った悪鬼羅刹なのかもしれない。

  • アーサー王伝説に登場する円卓の騎士の一人、「アグラヴェイン(Agravain)」が由来だろう。

FAQ 節を編集

  • Q195 (2012-04-28)
    Q. 『[【ソウルブラスト】(8),【カウンターブラスト】(5)]』のコストは、『【ソウルブラスト】(8)』か、『【カウンターブラスト】(5)』のどちらかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q196 (2012-04-28)
    Q. そのゲーム中とはいつまでのことですか?
    A. 現在行っているゲームが終了するまでです。他のゲームには影響はありません。
  • Q197 (2012-04-28)
    Q. 上の能力の【ソウルチャージ】や、パワー+2000は、必ず発動しますか?
    A. はい。メインフェイズの初めに必ず【ソウルチャージ】(1)し、パワーを+2000します。
  • Q1096 (2014-11-20)
    Q. 2番目の能力を起動した「憤怒の騎士 アグラヴェイル」にGユニットが超越しました。ターン終了時に「憤怒の騎士 アグラヴェイル」がハーツからヴァンガードに戻った時、☆+1と得た能力はどうなりますか?
    A. ☆+1と得た能力は有効なままです。

収録情報 節を編集

ブースターパック極限突破BT06/015 RR イラスト/タカヤマトシアキつけ上がるのはそれ位にしとけや……いくぜ、復讐斬舞(ベンデッタ・バーサーク)!!
BT06/S11 SP イラスト/タカヤマトシアキ借りは一兆倍にして返すぜっ! 喰らえ、復讐斬舞(ベンデッタ・バーサーク)!!