忍獣(にんじゅう) タマハガネ “(めつ)”/Stealth Beast, Tamahagane "Metsu"》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ぬばたま - ワービースト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの山札の上から1枚までを裏でバインドする。(裏でバインドされているカードは、その持ち主のみ表を見てよい)
【自】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、支配されているユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのバインドゾーンから裏のカードを1枚選び、手札に加えてよい。加えたら、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

 竜皇覚醒で収録されたグレード2のぬばたま

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時にデッキトップから1枚まで裏でバインドする自動能力

 そのまま使用しただけでは意味を成さないため2つ目の能力に繋げたい。

 2つ目の能力は、支配されているユニットアタックした時にカウンターブラスト(1)で、バインドゾーンから裏のカードを1枚手札に加え、加えたら、パワー+10000を得るターン1回のジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 《忍竜 ゲンカイ》のように支配されているユニットアタックした時に手札1枚とパワーを得られる。

 《忍獣 メイモウダヌキ》を利用する等してバインドゾーンに複数の裏のカードがあるなら、それらからカードを選んで手札に加えることができる。
 また、1ターンに1回しか使えないとはいえ、その1回で得られるパワーの量も《忍竜 ゲンカイ》より遥かに多く、コストソウル1枚分少ない。

 バインドゾーンの裏のカードであればバインドの手段は問われないため、【根絶者】相手にする時は能力を逆に利用できる。

 ただし、手札に加えることができるバインドゾーンの裏のカードがなくなると効果の不発が確定し、《忍竜 テンガイ》等でコストをどれだけ確保しても使える回数は限られてくる。
 自力で裏でバインドすることができるのは1枚のみと1回分しか確保できないので、継続的な利用を狙う場合は2枚を裏でバインドすることができる《忍獣 メイモウダヌキ》コストで自身を裏でバインドする《忍妖 カゲウサ》等でバインドゾーンの裏のカードを補充しなければならない。

 また、バインドゾーンから手札カードが加わるため、【残影】に対してはそれを残影能力を逆に利用されないよう注意が必要となる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3496 (2017-08-24)
    Q. バインドゾーンの裏向きのカードは公開情報ですか?
    A. いいえ、違います。バインドゾーンに裏向きで置かれているカードの情報は、そのカードのオーナーのみ見ることができます。
  • Q3525 (2017-08-24)
    Q. このカードは支配能力を持つユニットですか?
    A. 「支配能力を得る」などであれば、能力を得た後は支配能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、支配能力そのものは持っていないため支配能力を持つユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/016 RR イラスト/羽山晃平気づいた時には、すべてが終わっている。