忍獣(にんじゅう) メイモウダヌキ/Stealth Beast, Meimoudanuki》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ぬばたま - ワービースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの山札の上から2枚までを裏でバインドする。(裏でバインドされているカードは、その持ち主のみ表を見てよい)
【自】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):あなたのターン中、支配されているユニットがアタックした時、バインドゾーンから裏のカードを1枚選び、ソウルに置いてよい。置いたら、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 竜皇覚醒で収録されたグレード1のぬばたま

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時にデッキトップから2枚まで裏でバインドする自動能力

 そのまま使用しただけでは意味を成さないため、2つ目の能力《忍獣 タマハガネ“滅”》に繋げたい。

 2つ目の能力は、1ターンに1回、支配されているユニットアタックした時にバインドゾーンから裏のカードを1枚ソウルに置き、置いたら、パワー+5000を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 《忍竜 セイズイ》のように支配されているユニットアタックした時にコストなしでパワーを得られる。

 《忍竜 セイズイ》と違いバインドゾーンから裏のカードを1枚ソウルに置く必要があるのでコストはなくとも使える回数自体は限られ、1ターンに1回しか誘発しないので《閻魔忍鬼 ムジンロード》等で2枚以上を支配した場合にパワーの増加量がそちらを下回ることになる。
 一方で、誘発条件が満たされる回数が1回のみならパワー増加量はこちらの方が上回り、増やしたソウル《邪眼冥皇 シラヌイ“骸”》《忍竜 フウライ》等のコストに有効活用できる。

 バインドゾーンが裏のカードが尽きた後は能力は使えなくなるが、元々のパワー7000と単なるブースト役として十分に活用できるだけ数値を持ち、2枚目以降の《忍獣 メイモウダヌキ》等で補充すれば再び使えるようになるので邪魔にはなりにくい。

 また、1つ目の能力で裏でバインドしたカードは、《忍獣 タマハガネ“滅”》自動能力にも対応しているため、「守護者」のようなソウルに置くより手札に加える方が有用なカードは、あちらの自動能力手札に加えることも考えられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3560 (2017-08-24)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3562 (2017-08-24)
    Q. 「ターン1回」のアイコンを持っていないほうの能力を使った場合、「ターン1回」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。
  • Q3564 (2017-08-24)
    Q. ターン1回の自動能力で、「○○した時~」という条件が複数同時に発生した場合、その回数分発動するのですか?
    A. いいえ、発動しません。ターン1回の能力は、カード1枚につき、各ターン1回しか発動しません。「リアガードが相手のドロップゾーンに置かれた時、~」等で複数のリアガードが同時にドロップゾーンに置かれたとしても、発動するのはそのうちの1枚分、1回のみです。
  • Q3587 (2017-08-24)
    Q. バインドゾーンの裏向きのカードは公開情報ですか?
    A. いいえ、違います。バインドゾーンに裏向きで置かれているカードの情報は、そのカードのオーナーのみ見ることができます。
  • Q3630 (2017-08-24)
    Q. 支配とはなんですか?
    A. 支配、ならびに支配関係のルール、よくある質問に関してはこちらをご参照ください。http://cf-vanguard.com/information/shihai_nubatama/
  • Q3631 (2017-08-24)
    Q. このカードは支配能力を持つユニットですか?
    A. 「支配能力を得る」などであれば、能力を得た後は支配能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、支配能力そのものは持っていないため支配能力を持つユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/036 R イラスト/はま奴らは心を捕らえ、魂をも食む。