妨害王(ぼうがいおう) テリブル・ライナス》 節を編集

Gユニット  〈4〉
スパイクブラザーズ - オーガ パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚選び、ソウルに置いてよい。あなたの、ユニットのいないサークル2つにつき、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。

 ファイターズコレクション2017で収録されるスパイクブラザーズGユニット

 ジェネレーションブレイク(1)は、ガーディアンサークル登場した時にGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、リアガード1枚をソウルに置くことができ、ユニットのいないリアガードサークル2つにつき、シールド+5000を得る自動能力

 《弾幕巨砲 ブーリッシュプライマー》に似ているが、ユニットのいないリアガードサークル2つにつきシールド+5000の増加となり、最大値や融通の効きにくさで少し劣る。
 こちらは単発効果リアガード1枚をソウルに処理できるので、ユニットのいないリアガードサークル1つまたは3つである場合にそのカードを疑似的にシールド5000のガーディアンとして扱えるといった多少の小回りが効く。
 《ジャガーノート・マキシマム・マキシマム》等の時限誘発相手の複数枚のユニットと同時にバトルする能力等でフィールドから離れることがほぼ確定しているリアガードであれば消費しても惜しくはない。

 【スパイクブラザーズ】のように時限誘発等で、リアガードフィールドから離れやすいデッキであれば、単発効果に頼らずとも最大のシールド+10000得るといったことも狙いやすい。

 また、《大悪党 ダーティ・ピカロ》等の様にコールが行えるのがユニットのいないリアガードサークルに限定されいるスペリオルコール能力の下準備を図ることもできる。
 コストGゾーンの表のカードを稼げる点も《大悪党 ダーティ・ピカロ》と噛み合っている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/XXX イラスト/瞑丸イヌチヨ貴様等を止めるなんざ、俺一人で十分過ぎるんだよ!