士官候補生(しかんこうほせい) アストレア/Officer Cadet, Astraea》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
アクアフォース - アクアロイド パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] このユニットが《アクアフォース》を【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、《アクアフォース》のリアガードを1枚選び、【スタンド】する。

 竜騎激突で収録されたグレード0のアクアフォース

 このカードブーストした中にヴァンガードヒットさせなければならないのでヴァンガードバトル回数を積み重ねるのは難しいが、《ティアーナイト ヴァレリア》などの能力誘発の機会を稼ぎたい場合等に役立てやすい。

 中央後列に置き、《ティアーナイト ヴァレリア》のいる左列か右列を残して右列、中央列の順にアタックすれば、他にバトル回数増加を狙えるユニットがなくても、対ヴァンガードガード《ティアーナイト ヴァレリア》誘発機会、という二択を迫れる。

 左列や右列でも《双撃のブレイブ・シューター》ブーストすればパワー16000ラインガード強要ができ、誘発に成功すれば《双撃のブレイブ・シューター》スタンドし、単体パワー12000での再アタックを狙える

 また、バトル回数を稼ぐためにアタックし、後列に置かれた《ストームライダー エウゲン》スタンドしてブーストに使用するということもできる。

 序盤であれば、ドライブチェックダメージチェックの結果によっては使用しないことも考慮に入れておきたい。
 ヴァンガードを積極的にガードしたくない中盤くらいまでなら、残しておいてもさほど問題ないだろう。
 最悪、《蒼嵐波竜 テトラバースト・ドラゴン》等、パワー4000のブーストでも問題にならないヴァンガード候補もいくつかあるのも頼もしい。

 スタンドの確実性やバトル回数稼ぎとしてはジェネレーションブレイク(1)の有効化が必要とはいえ、《士官候補生 アンドレイ》に劣るが、ガード強要性の高さではこちらが上である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q371 (2012-12-07)
    Q. [ ]のコストは、どちらかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜騎激突BT09/060 R イラスト/伊倉ナギサ(ビジュアルアーツ)士官候補生の誰かが、いずれ全軍を指揮するのだ。