《バトルシスター じゅれ/Battle Sister, Gelee》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
オラクルシンクタンク - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【双闘20000】「バトルシスター ぷでぃんぐ」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(3)] このユニットが【双闘】しているなら、あなたの中央列のカード名に「バトルシスター」を含むユニット1枚につき、1枚引く。あなたの手札から1枚選び、捨てる。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、中央列に他のあなたのユニットがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 月刊ブシロード2014年8月号で配布されたグレード3のオラクルシンクタンク

 シークメイトの指定カードはガード強要として有用な能力を持つ《バトルシスター ぷでぃんぐ》

 双闘状態での能力は、カウンターブラスト(3)で中央列にいる「バトルシスター」のユニット1枚につき1枚ドローし、その後、手札から1枚をドロップする起動能力

 最低でも1:2交換のドロー手札を1枚増やせるが、その効率では釣り合いがとれているとは言いにくい。
 そのため、中央列後列にも「バトルシスター」のリアガードを置いて1:3交換のドロー能力として使うのが前提になるだろう。

 とはいえ、手札を2枚増やす程度であれば、このカード起動能力を使うより、《静水の祭神 イチキシマ》《神鳴りの剣神 タケミカヅチ》等を超越してそちらでドローを行った方がコストの負担が少なくフィールドの状態にも依存しないので余程無難である。
 使用回数の制限が無い起動能力であることを活かして《バトルシスター れもねーど》等を活用すればで複数回の使用も狙える事を利点にしたい。
 ただし、運用の都合で《バトルシスター れもねーど》コールするリアガードサークル左列右列の、後列になることが多いので、パワーラインの低下の懸念が残りやすい。

 【バトルシスター】では、デッキアウト回避、山札トリガーユニットの補充等に貢献するシークメイト能力を持つだけでもそれなりに価値はある。

  • 3DS版「ストライドトゥビクトリー」では、岡崎クミが使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

戦闘教団のエージェント、「バトルシスターズ」のメンバー。「ぷでぃんぐ」と共に配属されるも、数日で恐ろしい数の障害・損壊事件を起こした、史上に残るかもしれない超問題児。格闘戦の腕は教団内でも五指に入ると言われるほどであり、一度ノってしまうと手がつけられなくなる。

◆あるシスターに拾われた「こんぽーと」の手帳
じゅれ:ネコみたい。みんなが怖がってる。なんで?

  • 「ジュレ(Gelee)」とはフランス語でゼリーの意。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード月刊ブシロード2014年8月号MB/015 イラスト/モレシャンかゆいところは、ごニャいませんか〜?