アーシャの花妖精(はなようせい)・トークン 節を編集

 カード能力などでゲーム外から作成され、リアガードサークルコールされる疑似カードトークン」。アーシャの花妖精・トークンは以下の情報を持つカードとして扱われる。

《アーシャの花妖精》
トークンユニット 〈0〉
クランなし - プラント パワー13000 / シールドなし / ☆1
【永】【(R)】:「アーシャ」を含むあなたのヴァンガードと同名になる。
【自】【(R)】:アタックした時、「アーシャ」を含むあなたのヴァンガードを1枚選び、そのバトル中、このユニットのパワーとクリティカルをそのユニットと同じになるまで増減する。

 高パワー、効果を持つ点を含めて幻焔・トークンと同一。
 ただ、プラント・トークンとは扱われないため、プラント・トークンとサポートカードを共有できないというデメリットも存在する。

 1つ目は、「アーシャ」を含む自分のヴァンガードと同名になる永続能力。

 同名ユニットがあることを条件とする効果を引き出すのに役立つ。
 特にプレミアムスタンダードの場合、超越したGユニットハーツカード1枚のカード名を得ることができるため、「アーシャ」を元々含むGユニット超越するか「アーシャ」を含むカードハーツ化した場合、そのGユニットハーツカード1枚が持つカード名すべてを得ることができる。

 2つ目は、アタックした時、「アーシャ」を含む自分のヴァンガードを1枚選び、そのバトル中、自身のパワーとクリティカルをそのユニットと同じになるまで増減する自動能力。

 トリガーアイコンフォース・マーカーによってヴァンガードが得たパワーとクリティカルの増加を共有することができるが、ブーストによるパワーの加算処理の開始後にパワーの増減効果が適用されることや効果を最大限活かすにはヴァンガードよりも後のバトルを担当させる必要があるといった点に気を付ける必要がある。

 実質ブーストによってパワーは増やすことはできないものの《善導の乙女 レナーテ》《モモスモ・ピーチ》等にブーストされている場合に限り、このトークンの能力を解決した後にそれらが持つブーストした時の能力の効果で増加した数値分のパワーをブーストを介して加算することはできる。

関連リンク 節を編集