神宮衛士(じんぐうえし) アカギ/Imperial Shrine Guard, Akagi》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
オラクルシンクタンク - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの「スサノオ」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、山札の上から2枚見て、1枚まで探し、手札に加え、残りを山札の下に好きな順番で置き、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 月煌竜牙で収録されたグレード2のオラクルシンクタンク

 ジェネレーションブレイク(1)は、グレード3以上の「スサノオ」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、デッキトップ2枚から1枚までを手札に加え、パワー+2000を得る自動能力

 6ターン目以降でしか使えず、要件の都合から汎用性も落ちるが、コスト違いで《オブリゲイト・ロビン》とほぼ同様のことが行え、さらに単独パワー+2000まで得られる。

 《神凪 クロイカヅチ》と比べるとコスト効率が悪いが、メインフェイズに1枚分のアドバンテージを得られる手段であるので、相手デッキ退却系でも多少対処しやすく、神託の有効化にも役立てられる。
 デッキトップ2枚から1枚までとなっているので、ある程度選択性もあるので、安定性の向上に繋がりやすい。

 ソウルブラスト《バトルシスター れもねーど》や同じ「スサノオ」をサポートする《神宮衛士 スミヨシ》でも使用することが多く、見掛け以上に重いコストとなるので注意したい。
 どうしてもソウルが足りなければ《サイキック・バード》《神剣 クサナギ》で補う事も可能だが、デッキアウトの可能性を考えると何度も使用するには適さないので、よく考えて使用することになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「神凪」とは違い、主に要人警護を担当する“オラクルシンクタンク”の警備部隊、「神宮衛士」の1人。
公私の使い分けができているしっかり者の青年で、勤務中は余計なことを一切喋らない。
が、プライベートではよく笑い、喋る普通の若者らしく、職務外の彼を見かけた者は、
そのギャップに思わず唖然とするらしい。

種族としてはまぎれもなく「人」なのだが、本人も知らない「別の種族」の血が若干混ざっているらしく、
縦長の瞳孔がある瞳が非常に特徴的。変わった形というだけでなく、この眼は暗所がハッキリと見える――
つまるところ、常に夜目が利くという能力がある。この能力のおかげで、彼は暗視ゴーグルや魔術に頼ることなく、
夜間警備にあたることが可能。暗殺者や密偵が使う魔力探知に掛かることも無い。

後輩の「スミヨシ」と共に、数年ほど前から“オラクルシンクタンク”に腰を据えるようになった、
「スサノオ」の警護を任されている。何があろうと動じることなく、淡々と周囲警戒を続けるため、
当の警護対象は「小言を言わないイイ奴」とご満悦だという。

FAQ 節を編集

  • Q1689 (2015-11-11)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1690 (2015-11-11)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/011 RR イラスト/DaisukeIzukaこれがセキュリティ対策だ。
G-BT05/S09 SP イラスト/DaisukeIzuka(※なし)