氷獄(ひょうごく)死霊術師(しりょうじゅつし) コキュートス》(プロテクト) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (プロテクト)
グランブルー - スケルトン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのターン中、あなたのドロップゾーンのカードが10枚以上なら、このユニットのパワー+10000。20枚以上なら、+10000のかわりにパワー+20000/クリティカル+1。
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1),山札の上から4枚ドロップゾーンに置く]ことで、あなたのドロップゾーンから、あなたのソウルのグレード3の枚数+2枚までを(R)にコールする。(グレード3が1枚なら、3枚までコールする。)

 My Glorious Justiceで収録されるグレード3のグランブルー

 1つ目の能力は、ドロップゾーンが10枚以上なら、このユニットパワー+10000を与え、20枚以上なら、+10000のかわりにパワー+20000とクリティカル+1を与える永続能力

 《魔の海域の王 バスカーク》(プロテクト)永続能力と類似した能力となっており、ドロップゾーンカードが10枚以上の時にクリティカルが増えなくなった代わりに上昇するパワーが増えている。
 ただし、あちらが自身の起動能力グレード3をスペリオルコールしていて永続能力も有効になっているならば、このユニットドロップゾーンが20枚以上ある場合と同じだけのパワークリティカルを得ていることになるため起動能力で差別化したいところ。

 2つ目の能力は、カウンターブラスト(1)とデッキトップ4枚をドロップゾーンに置くことで、ドロップゾーンからソウルグレード3の枚数+2枚までをリアガードサークルコールする起動能力

 ソウルグレード3の枚数に比例してスペリオルコールできる枚数が増え、1枚もソウルグレード3がなくても2枚のスペリオルコールが可能になっており、コストパフォーマンスに優れている。
 再ライドはもちろんのこと、《伊達男 ロマリオ》(Vシリーズ)自動能力で予めグレード3をソウルインしておけば5~6ターン目時点で3枚のスペリオルコールが可能になるため積極的に狙っていきたいところ。

 《魔の海域の王 バスカーク》(プロテクト)起動能力と違い、ソウルブラストコストに持たないことから再ライドできなくとも継続的に利用できる点で優れているが、デッキトップ4枚をドロップゾーンに置くコストがあるため他の山札ドロップゾーンに置くカードを併用すると加速度的に山札の枚数が減ることからデッキアウトの危険が付きまとうことには注意したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターMy Glorious JusticeV-EB08/002 VR イラスト/三好載克悪鬼と化したる咎人の枷、解き放ってくれようぞ!
V-EB08/SV02 SVR イラスト/三好載克なし