氷獄(ひょうごく)死霊術師(しりょうじゅつし) コキュートス/Ice Prison Necromancer, Cocytus》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
グランブルー - スケルトン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
【自】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのドロップゾーンから《グランブルー》を1枚選び、(R)にコールする。

 極限突破で収録されたグレード3のグランブルー

 ドロップゾーン自体は山札に次いで利用しやすい領域なのだが、普通にライドする時点ではスペリオルコールできるカードはかなり限られる。
 それどころかゲームの展開次第で1枚もないことすらあり得るというのが大きな難点。

 ガーディアンにすることでドロップゾーン送りにしやすいのはグレード0だが、スペリオルコール先としては旨みがない。
 《ルイン・シェイド》などの能力グレード2をコールしてすぐインターセプトさせるなど、意識的に役に立つカードドロップゾーン送りにしておきたい。

 4ターン目までにダメージゾーンを3枚の状態にしておけることは決して多くはないので、《キャプテン・ナイトキッド》《スケルトンの切り込み隊長》能力を事前に使うことが難しくなる。
 ランダム性は高いが、カウンターブラストなしでドロップゾーンに何らかのカードを確保できる《案内するゾンビ》は比較的相性が良い。

 1つ目の能力リミットブレイクの制限付きながら、グレード3のグランブルーヴァンガードの中でも高いパワーを得ることを可能とするが、《イービル・シェイド》パワーライン的にあまり相性が良くないのが惜しい点。
 《ドラゴンスピリット》を用いれば問題ないが、《ドラゴンスピリット》にもソウルブラストの競合という問題がある。

 《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》クロスライドする事が可能。
 ソウルブラストしづらくなるものの、序盤からスペリオルコールできない《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》の弱点を補完できていると言える。

 ライドフェイズという特性上、6ターン目以降ならばノーマル超越登場能力を併用できる。
 何らかの方法で《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》ドロップゾーン送りにできていれば、《レインエレメント マデュー》手札に加えて次のターンクロスライドさせやすい。
 そうでなくとも《氷獄の冥界神 コキュートス・ネガティヴ》ならば、更なるスペリオルコールへ繋げていける。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

海龍すらも寄り付かない深海の下層に存在すると言われる古き時代の死霊術師。 『邪教の開祖として危険な思想で民衆を扇動し、
世を混乱に陥れた大罪人。 死後は魂すら凍りつく深い海の底に沈められた』と古書に記されている。
世界への凄まじい憎悪により死霊となって海底に住み着いた彼は、生前に身に着けた邪法を極めて死霊術師となった。
朽ちぬ身と魂を得て更なる闇へと墜ちていく――氷れる地獄の主は幾星霜の時を経てなお、復讐の時を待ち続ける。

FAQ 節を編集

  • Q176 (2012-04-28)
    Q. 『登場した時』に発動する能力は、登場した時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック極限突破BT06/003 RRR イラスト/三好載克目覚めよ冥界の罪人! コキュートス・サーバント!
BT06/S03 SP イラスト/三好載克それは、冥界の最下層。 永遠に凍りつく牢獄。