次元(じげん)ロボ ダイシュート/Dimensional Robo, Daishoot》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時に、(R)にコールできる)
【起】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[このユニットをソウルに置く] あなたのカード名に「次元ロボ」を含むヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+4000し、【自】(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。』を与える。

 宇宙の咆哮で収録されたグレード0のディメンジョンポリス

 ジェネレーションブレイク(1)は、自身のソウルインで「次元ロボ」のヴァンガード1枚にパワー+4000と『ヴァンガードヒットした時に相手リアガード1枚を退却させる自動能力』を与える起動能力

 パワーガード強要が行える能力の同時付与自体は相性が良い。
 与えた能力誘発に成功すれば1:1交換となるが、タイミングの遅さから誘発が難しいのが難点。

 ガード強要を活用せず、誘発も期待しないのであれば、パワーのみを与えるが各種制限が緩い《次元ロボ ダイマグナム》を優先すべきだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

宇宙の平和を守る使命を帯びた別次元の勇者。
平和を守る為に日夜戦い続けている点は他の《次元ロボ》と変わり無いが、彼にはある驚くべき経歴がある。
なんと、一時期あの「ノヴァグラップル」に参戦していたというのだ。

同じスターゲートに住む者として、この地に根差す二つのクランが親交を深める為に行った施策の一つ、戦士(闘士)交換。
その際、環境に適したボディに変換が可能な選手のみを選び、“ディメンジョンポリス”の戦士は競技用に、
“ノヴァグラップラー”の闘士は戦闘用にチューンされたのである。
「ダイシュート」はその時に選ばれた栄誉ある戦士の一人。
《次元ロボ》が「ノヴァグラップル」に出場するという情報が広まった当初、客足は以前の倍近くまで伸びたと言う。

残念ながら交換期間いっぱいまでに受賞する事は無かったが、
今や彼の名は“ディメンジョンポリス”だけではなく、“ノヴァグラップラー”にも広く知れ渡っている。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースター宇宙の咆哮G-EB01/029 C イラスト/パトリシア戦場を駆け抜け、決めろ閃光のゴール。