撃退者(リベンジャー) ブラッドマスター/Revenger, Bloodmaster》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - デーモン パワー5000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの《シャドウパラディン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに裏で置き、2枚引く。

 無限転生で収録されたグレード2のシャドウパラディン

 リアガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)でデッキトップ1枚をダメージゾーンに裏で置き、2枚ドローする自動能力を持つ。

 同じドロー能力を持つ《髑髏の魔女 ネヴァン》と比べると得られるアドバンテージが1枚分多く、パワーの低さも適当なブーストをつければヒットを狙える程度の数値にはなっている。

 しかしダメージゾーンカードを置いてしまう効果があり、《魔界城 シュトゥルムアングリフ》等のようなターンの終了時にダメージゾーンカード1枚を山札に戻す時限誘発がないため、ただ一方的にダメージゾーンを増やすことになる。
 ダメージゾーンが増えたままになるリスクは大きく、さらに裏で置くことからコストが疑似的なカウンターブラスト(2)になってしまうのも気になる。

 低パワーについてはインターセプト退却コストで消費すれば気になりにくいが、コスト競合が激しいカウンターブラストを消費するリスクは大きい。
 《漆黒の乙女 マーハ》《黒衣の撃退者 タルトゥ》などの同等のコストで1枚分のアドバンテージを得られるカードも存在しているため、瞬間的なアドバンテージの大きさ、ダメージゾーンに表のカードが1枚あれば使用できること等を活かすようにして上手く差別化したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

侵略者の魔手より聖域を守護する事を誓った戦士「撃退者」。 かつてあらゆる生物の生き血を吸う事を生きがいとした元ヴァンパイア。 しかし、彼の悪行は聖域に渡ると同時に終焉をむかえる。 その所業を見かねた当時の王が、彼の入国を確認した後、大規模な討伐隊を編成した為である。 間もなく彼は捕えられ、吸血鬼としての力を魔術による枷で弱体化。 ただの魔族にされ、国の僻地に追放となった。 その後、長年の研究の成果で、すでに封印は消えかけていたが、この地にとどまり続けた彼は、驚くことに聖域に愛着を持ち始めていた。 血も吸わず、ひたすら研究に明け暮れた日々を、心地よいとすら感じていた。 “シャドウパラディン”に所属したのは、表立って国へ力を貸すのが癪だったからに他ならない。 曰く「あのような不味い血の連中(“リンクジョーカー”)に、私の庭を奪われてたまるか」らしい。

FAQ 節を編集

  • Q761 (2014-02-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q777 (2014-02-27)
    Q. この能力で山札からダメージゾーンにトリガーユニットが置かれました。トリガー能力は発動しますか?
    A. いいえ、使えません。トリガーチェックではないので、山札からダメージゾーンに直接置きます。そのため、トリガーは発動しません。
  • Q778 (2014-02-27)
    Q. ダメージゾーンのカードが5枚の時、この能力を使うとどうなりますか?
    A. ダメージが6枚になるので、ゲームに敗北します。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/009 RR イラスト/toi8敵の血には及ばぬが、上質のワインも悪くはない。