哀愁戦士(あいしゅうせんし) オニオーン/Warrior of Grief, Onion》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ネオネクタール - ドリアード パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):あなたのメインフェイズ開始時、あなたの山札から「哀愁戦士 オニオーン」を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 風華天翔で収録されたグレード1のネオネクタール

 ジェネレーションブレイク(1)は、メインフェイズ開始時に山札から《哀愁戦士 オニオーン》を1枚までスペリオルコールする自動能力

 ジェネレーションブレイクなのでタイミングが遅くパワーも低いが、手軽に後列要員を増やすことができる。
 同名ユニットを参照するパワー増加能力を安定して活用する助けになる。

 このカード2枚の能力誘発すれば4枚に増えることができる。
 1枚いる状態から《ラナンキュラスの花乙女 アーシャ》《ベジタブルアバター・ドラゴン》ライドフェイズに使える能力を利用し、メインフェイズ開始時までに2枚に増やしておくことで1ターン中に1枚から3枚のスペリオルコールを行うということもできる。

 ただし、誘発条件の関係から予めリアガードサークルに置いておく必要がある。
 上記のような方法を取るにせよ普通に使うにせよ、どうしても妨害を受けやすい。

 また、このカードが合計4枚までしかメインデッキに入れられない以上、使い切りのような扱いになることが多い。
 ダメージゾーンに落かれるなどで複数枚の展開が上手く行かないということも起こりがちである。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“ネオネクタール”の森で生まれた「タマネギ」の妖精。
悪戯好きな性格で、姿を隠して目標に忍び寄り、目標に魔法をかけて涙を流させる。
普段は戦いとは縁のない妖精だが、森に侵入して菜園の作物を荒らす悪者相手には容赦しない。
集団で襲い掛かり、目にしみる魔法の液体を一斉噴射して攻撃する。
幾千ものタマネギを一度に刻んだような刺激が周囲を覆い尽くし、外敵は涙を流して戦闘不能に陥ってしまうのだ。
ただし、この無敵と思われる戦術の唯一の欠点は、敵味方問わず涙が止まらなくなってしまう、という事である。

FAQ 節を編集

  • Q1151 (2015-02-19)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q1152 (2015-02-19)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報 節を編集

ブースターパック風華天翔G-BT02/099 C イラスト/茶壱哀しいだろう? 涙が止まらないだろう?