伏魔忍妖(ふくまにんよう) ホウゲンウイング/Ambush Demon Stealth Fiend, Hougen Wing》 節を編集

Gユニット  〈4〉
むらくも - ノーブル パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】:このユニットが(G)に登場した時、あなたのグレード1以上のリアガードを1枚選ぶ。山札から選んだユニットと同名のカードを1枚まで探し、(G)にコールし、山札をシャッフルし、そのバトル中、そのユニットに【自】:このユニットが(G)からドロップゾーンに置かれた時、このカードを山札の下に置く。』を与える。

 ファイターズコレクション2016で収録されたむらくもGユニット

 ガーディアンサークル登場した時に山札からグレード1以上のリアガード1枚と同名のカードを1枚までスペリオルコールし、『ガーディアンサークルからドロップゾーンに置かれた時に自身をデッキボトムに置く自動能力』を与える自動能力を持つ。

 リアガード同名のカードスペリオルコールする都合、メインデッキは極力同じカードを多目に採用するようにしておきたい。

 目標は、基本的にはシールドを持つグレード2かグレード1のリアガードを選択するのが望ましいだろう。

 スペリオルコールしたカードは、ドロップゾーンに置かれるとデッキボトムに置かれるので、ダメージチェックドローフェイズで行われるドローにより、後で別の能力スペリオルコールしたいカード山札から無くなってしまうことを防ぐ目的で使用するのも手であるといえる。

 《忍獣 リーブスミラージュ》《ヒートエレメンタル ジュージュ》等の手札以外の領域からガーディアンサークル登場した時でも能力を使用できるヒットされない効果を適用する能力を持つカードと組み合わせれば、大概のアタックヒットを防げる。
 ただし、そもそも手札にそれらの能力を持つカードがあるならば、わざわざリアガードサークルコールするリスクが大きいうえ、このカードとのコンボを警戒されて事前に処理されてしまうリスクも考慮すると積極的に狙う戦術とは言い難い。

 混合クランデッキでは、リアガード手札に戻すことを得意とする【バミューダ△】で使用する分には、この欠点は気になりにくくできるので相性は良い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/034 RR イラスト/touge369俺様の力を貸せ? なら、まずは生贄だろうが!