《ブラッディ・オーグル/Bloody Ogle》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
スパイクブラザーズ - オーガ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「フローズン・オーグル」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:このユニットが【双闘】したターン中、あなたのリアガードがアタックした時、そのバトル中、そのユニットのパワー+5000し、そのバトルの終了時、そのユニットを山札の下に置く。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から1枚選び、ソウルに置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から1枚探し、ユニットのいない(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 竜剣双闘で収録されたグレード3のスパイクブラザーズ

 シークメイトの指定カードは、ヴァンガード双闘したターン中に自身をコストにしたスペリオルコールを行える《フローズン・オーグル》

 双闘したターン中の能力は、リアガードアタックした時にそのユニットパワー+5000を与え、そのバトルの終了時にそのユニットデッキボトムに置く自動能力

 同じくヴァンガード双闘したターン中にしか能力が使えない《フローズン・オーグル》能力バトルの終了時にフィールドを離れるものなので、併用すればパワー+5000の恩恵のみを得られる。

 このカード自身もややコストが重いものの、スペリオルコールを行う能力も持っている。
 コストは競合するがこれで《フローズン・オーグル》スペリオルコールして確実にコンボに繋げることができ、安定して有効な状況を作り出すことができる。

 双闘したターン中のみ、かつディスアドバンテージとなる時限誘発が発生するので、コストが貯まっても最速で双闘すると損になりかねないという性質を持つ。
 時限誘発を重複させられて、同じく後半向けの《バッドエンド・ドラッガー》ブレイクライドとの併用を狙うというのも有効だろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q917 (2014-05-15)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q918 (2014-05-15)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q926 (2014-05-15)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜剣双闘BT16/017 RR イラスト/瞑丸イヌチヨ黙れ! 代わりはいくらでもいるんだよ!