《ダッドリー・ダン/Dudley Dan》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
スパイクブラザーズ - オーガ パワー4000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から《スパイクブラザーズ》を1枚選び、ソウルに置く] このユニットがヴァンガードを【ブースト】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から《スパイクブラザーズ》を1枚まで探し、ユニットのいない(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 竜魂乱舞で収録されたグレード1のスパイクブラザーズ

 能力を使用し、時限誘発によって山札に戻った《ジャガーノート・マキシマム》《ハイスピード・ブラッキー》を呼び戻すことができる。
 手札で腐ったカードコストにすることで、足りないブースト役を補充したり、インターセプト要員をコールすることで攻撃と防御の両面を補うことも可能で誘発条件ヴァンガードブーストするだけと、バトルの結果は問わないのは優秀である。
 手札ソウルに置くことはソウルブラストの補助にもなる。

 ただ、汎用性が高い分コストカウンターブラストは重く、何かとカウンターブラストの消費が多い【スパイクブラザーズ】では競合しやすい欠点があるうえ、元々のパワー4000と数値がかなり低く、リアガードブーストしても能力は使えないなど、制約が多いのは気になるところである。

 幸い、《メカ・トレーナー》《ジェリー・ビーンズ》等で3ターン目からでも調達可能であるため、採用枚数を抑えても簡単に手札に持ってこれるのはありがたい。
 ただし、《メカ・トレーナー》カウンターブラストが必要なので、その後の活用に支障をきたすおそれがある。

 採用枚数を増やしてドロー手札に加えられるようにする場合、2枚目以降が腐りがちであるが、積極的に手札コストにしてしまうことで補いたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ギャロウズボールチーム、スパイクブラザーズのクォーターバック。
今まで行ってきた狡猾で残忍な戦略から、悪魔の如き司令塔として恐れられている。
頭脳労働が一番の専門分野だが、自らが作戦の柱となって動くケースもあり、
多方面に渡って数多くの戦績と、それに匹敵する悪行を残している事で有名な選手である。


鬼才と謳われるスパイクブラザーズ随一のクォーターバック。
本来「ダッドリー」とは、チームに最も貢献した選手に与えられる栄誉ある称号であったが、手段を問わずに取得を目指す選手が多く、
現在では要注意選手を示す暴力的な意味合いを持つようになってしまった。
前年度最凶と呼ばれた鬼謀の男「ダン」。 その悪名は「ダッドリー」の称号と共にギャロウズボールの歴史に刻み込まれるだろう。

  • 今日のカードにおいて2011年5月18日と2012年4月5日の二度にわたって紹介され、それぞれ異なる設定が公開された。

FAQ 節を編集

  • Q50 (2011-08-22)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も行いません。手札に何も加えず、ライドをせず、次に書かれていることを行います。この場合、山札を見たので、山札をシャッフルします。
  • Q83 (2011-05-27)
    Q. このカードの効果でコールするユニットは、ヴァンガードよりグレードの高いユニットを選べますか?
    A. はい、選べます。カードの効果によるコールは、ヴァンガードのグレードに関係なくコールできます。
  • Q91 (2011-05-27)
    Q. 『[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から《スパイクブラザーズ》を1枚選び、ソウルに置く]』は、『【カウンターブラスト】(2)』か、『あなたの手札から《スパイクブラザーズ》を1枚選び、ソウルに置く]』のどちらかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜魂乱舞BT02/023 R イラスト/窪之内英策鬼謀のクォーターバック。