《ヒートエレメンタル ボーボ/Heat Elemental, Bobo》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
クレイエレメンタル - エレメンタル パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):このユニットが手札から(R)に登場した時、あなたのダメージゾーンが3枚以下なら、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)し、あなたのヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。(ダメージチェックを行う。トリガーも発動する)
【永】:このカードはすべての、国家とクランに属する。

 剣牙激闘で収録されたグレード2のクレイエレメンタル

 手札からリアガードサークル登場した時にダメージゾーンが3枚以下なら、カウンターチャージ(1)/ソウルチャージ(1)し、ヴァンガードに1ダメージを与えるジェネレーションブレイク(1)の自動能力を持つ。

 ヴァンガードに1ダメージを与えるリスクはかなり大きいが、リソース確保を行いつつ、トリガー効果の発動も狙える。
 確保できるリソースは大きいがダメージゾーンの増加は基本的にそれ以上に重いため、デッキのギミックに必要なダメージゾーンカードが不足している状態、ないしそれを相手によって意図的に作られている場合を意図して運用するのが主な役割となる。
 リミットブレイク能力の有効化が目的なら《宝石騎士 さばるみー》《ダークエレメンタル ドクヅーク》等でより安全に代替できるので、基本的にはリソースの補充目的で使うことになるだろう。
 一気にフィニッシュにまで繋げられるような状況の場合、相手ヒールトリガーの発動率を下げるためにコールするというのも考えられなくはない。

 しかし、有効に運用できるタイミングが大きく限定されているためメインデッキに入れる枚数を少なくしたいにも拘らず、誘発条件の関係から手札からコールする必要があるので枚数を絞ると上手く機能しなくなる可能性が高まってしまうのも悩ましいところである。
 誘発条件要件を満たしてしまうと効果はすべて強制的に実行することになるので、利用したくない場合はガーディアン要員として利用するとよい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

惑星クレイを構成する幾多の要素、エレメンタル。「ボーボ」と名づけられた精霊は、火の属性の魔力が集まり、エレメントの形をした中位精霊の一種。データが少ないため、暫定的に中位精霊として分類されているが、一般的な下位・中位精霊に比べて人に近い容姿をしている。おそらく、高密度の魔力で構成されていることが原因と思われる。火の精霊の多分に漏れず好戦的な性格をしているが、彼が提案する勝負には常に細かなルールが定められており、「戦」というより「遊戯」に近い。高い知能を持つボーボは、人の遊戯に興味を持ち、独自にそれらを研究しているのである。火の精霊が集まる場所に行くならば、ぜひボーボの相手をしてもらいたい。遊戯の達人である彼を負かす自身があれば、の話だが。

FAQ 節を編集

  • Q3039 (2017-02-02)
    Q. 「このカードはすべての、国家とクランに属する。」は、どの領域でも有効なのですか?
    A. はい、有効です。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/044 R イラスト/にもし熱くならなければ、勝負とは言えない。