《ギガンテック・チャージャー/Gigantech Charger》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ジャイアント パワー9000 / シールドなし / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの山札の上を公開する。そのカードが《ロイヤルパラディン》なら、そのカードを(R)にコールし、違うなら、その山札をシャッフルする。

 竜魂乱舞で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 ロイヤルパラディンらしい、展開力に特化したグレード3。
 ノーコストロイヤルパラディンスペリオルコールすることができる。

 【ロイヤルパラディン】ならばスペリオルコールの成功は確実だが、とにかくランダム性が強い。
 その時点で欲しいカードコールできるかどうかは全くわからず、不必要なカードが出てもどこかにコールしなければならない。
 それでもカウンターブラストの必要ないスペリオルコール【ロイヤルパラディン】としては貴重である。

 リアガードサークルに空きがあればどんなカードでもコールされて損はないが、埋まり切った後では能力を持て余しがちになる。
 特にロイヤルパラディンは元々スペリオルコールを使ったリアガードの展開に長けているため、それらとの併用でそのような事態を招きやすい。
 とは言え、デッキトップから自身を含むいずれかのユニットがいるリアガードサークルスペリオルコールしても枚数的にアドバンテージを失うわけではない。
 優秀なカードスペリオルコールできれば有意義になる。

 このカード能力によってさらに2枚目以降を公開すると、連鎖的にスペリオルコールが行われていくことになる。
 単体の性能が高くないこのカードが大量にコールされても扱いに困るが、最悪ユニットの重複処理退却させてしまえばいいので損にはならない。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

強大な力を持つジャイアントの中でも特に突進力に優れた重戦士。
長杖の両端に光の力を集めて放つ、必殺の「ギガントチャージ」で敵陣を中央から叩き割る。
膠着した戦況を突き崩す最強の切り込み隊長である。

  • 「ギガンテック」ではない。このカードの名前が「gigantic charger」=「巨大な突撃者」といった意味合いならば、カナ表記としてはそちらの方が適切ではある。
    • 英語名では「ギガンテック」に「Gigantech」の訳が与えられている。

FAQ 節を編集

  • Q78 (2011-05-27)
    Q. 公開したカードが《ロイヤルパラディン》だった時、そのカードは必ずコールしないといけませんか?
    A. はい、コールしないといけません。(R)が全て埋まっている場合は、コールしたサークルにすでに置かれているユニットを退却させます。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜魂乱舞BT02/027 R イラスト/前田ヒロユキ中央突破こそ我らの道。突貫、ギガントチャージ!