雷牙魔槍(らいがまそう)呪禁騎士(じゅごんきし)/Thunder Spear Wielding Exorcist Knight》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
なるかみ - ヒューマン パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(V)/(R)】:拘束(このユニットはアタックできない。)
【起】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの《なるかみ》のヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットは『拘束』を失う。
【自】【(V)/(R)】:このユニットがアタックした時、あなたの《なるかみ》のヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

 蒼嵐艦隊で収録されたグレード2のなるかみ

 カウンターブラスト(1)で拘束を失えるという点で《ジェノサイド・ジャック》に近い。
 そちらと比べると元々のパワーで僅かに劣り、要件の存在から【なるかみ】以外で利用がやや困難となっているが、その分アタック時のパワーはこちらに分があるため、有用性はなかなかのもの。

 難点となるのは、【なるかみ】カウンターブラストを多用することだろう。
 《呪禁道士 コウコウ》を使うことでソウルブラストに置換することもできるが、このカードで本来高められるパワーラインが低下してしまうのは痛い。

 《呪禁道士 コウコウ》の他にも、《呪禁道士 ロウロウ》《呪禁道士 リンリン》でもこのユニット拘束を失わせる事ができる。
 登場時に誘発する自動能力のため継続して拘束失わせることはできないが、コストは不要で《呪禁道士 コウコウ》よりパワーが高く、そのままブーストする事で申し分ないラインを形成する事が可能。

 単体で高パワーアタックが可能なので、スタンドトリガーである《呪禁道士 リンリン》スタンド対象としても相性がいい。

 同じグレード2のなるかみには類似した性質を持つ《ブラッドアックス・ドラグーン》があるが、運用方法は異なるのでデッキに合わせた選択をしたい。
 元々のパワーが高く、上述のユニットと組み合わせる事によりコストを使用せず高パワーでのアタックが可能で、コストを1ターン単位で払うのでスタンドトリガーと相性がいいのがこちらの利点と言える。

 ただし、元々のパワーで大きく劣るもののコストを必要としない《魔竜戦鬼 チャトゥラ》要件を満たすまでに時間のかかる《ヒートブレード・ドラグーン》が比較対象になりうる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q284 (2012-09-20)
    Q. このユニットの【永】が失われました。このユニットはアタックできますか?
    A. はい、アタックできます。【永】を失うことで、【永】の『拘束』も失ったからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック蒼嵐艦隊BT08/040 R イラスト/竜徹ハハッ! いいのかい、封印解いちまってよ!