蒼渦帥竜(そうかすいりゅう) ラストツイスター・ドラゴン》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(8):[【カウンターブラスト】(1)] そのターン中、このユニットは【自】(V)】連波-2~4回目:あなたのリアガードがアタックした時、そのバトル中、そのユニットのパワー+5000し、そのバトルの終了時、山札の上から4枚見て、1枚をアタックしたユニットのいる(R)にコールし、コールされたユニットが連波能力を持つなら、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+5000。山札をシャッフルする。』を得る。

 ファイターズコレクション2017で収録されたアクアフォースGユニット

 ジェネレーションブレイク(8)は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、『リアガードアタックした時にそのユニットパワー+5000を与え、そのバトルの終了時にデッキトップ4枚から1枚をアタックしたユニットがいるリアガードサークルスペリオルコールし、コールされたユニット連波能力を持つなら、そのユニットと自身にパワー+5000を与える連波-2〜4回目の自動能力』を得る起動能力

 使えるタイミングは極端に遅いが、パワーの増加と《海溝哨戒の巨人兵》に似た疑似スタンド狙いのスペリオルコールを行う連波能力を得られる。
 有効化するのはそのターンで2〜4回目のバトル中のみとなるのでそれらのバトルリアガードに担当させるなると、必然的にこのカードは1回目か5回目以降のバトルを担当することになる。

 連波能力を持つカードコールすれば追加のパワーを得られるので、基本的に1回目のバトルは適当なリアガードに担当させ、このカードには5回目以降のバトルを担当させたいところであるが、メインデッキに入れている連波能力を持つカードの枚数が少なく、パワーの増加が期待しにくい場合は1回目のバトルを担当させてしまうのも手である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3254 (2017-05-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3255 (2017-05-02)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3266 (2017-05-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3270 (2017-05-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3300 (2017-05-02)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/021 GR イラスト/lackあらゆる苦境を押し流す、絶対勝利の大波。