蒼嵐艦隊(そうらんかんたい)のペンギン(へい)/Penguin Soldier of the Blue Storm Fleet》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
アクアフォース - ハイビースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】連波-3回目以降(各ターンの指定されたバトルで有効):このユニットが【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのカード名に「蒼嵐」を含むヴァンガードがいるなら、あなたの山札から【双闘】能力を持つグレード3のカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

 連波の指揮官で収録されたグレード1のアクアフォース

 ブーストしたアタックヴァンガードヒットした時に「蒼嵐」のヴァンガードがいるなら、山札からシークメイトを持つグレード3のカードを1枚まで手札に加える連波自動能力を持つ。

 誘発条件はやや厳しいが、連波の制限は3回目以降のバトルとそこまで厳しくない。
 アドバンテージの獲得や再度のシークメイト狙いからライド事故の回避まで視野に入る。

 各種指定を全て考慮すると扱える構築は大分限られるが、適正なデッキであれば魅力のあるカードと言えるだろう。
 《蒼嵐水将 ディミトリウス》等のブレイクライドを補助する目的で使用するのも良いだろう。

 一応、《蒼嵐水将 イアニス》《蒼嵐戦姫 リンピア》の様に【蒼嵐】以外でも採用できる「蒼嵐」のカードもいくつかあるので【波紋】《打寄せる波紋 ミルティアディス》手札に加えることもできる。
 ただ、ライド事故の回避目的だけで採用するにはリスクが大きいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“アクアフォース”の精鋭部隊「蒼嵐艦隊」に所属する信号兵。
天才的な記憶力の持ち主で、彼の脳内にはありとあらゆる信号・暗号のパターンが記憶されているという。
その頭脳を買われて「蒼嵐」の船に乗ることになった、信号のスペシャリスト。
得意技は先輩直伝のレーザー手旗による発光信号と、サーチライトによる発光信号、とのこと。
作戦の土台を成す信号の重要性は、いつの時代も変わらない。

FAQ 節を編集

  • Q1649 (2015-10-22)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q1657 (2015-10-22)
    Q. このユニットは「【双闘】能力を持つユニット」ですか??
    A. いいえ、違います。「【双闘】能力を持つユニット」とは、コストを支払うことで、指定されているユニットを山札から探し、双闘できる起動能力を持っているユニットを指します。テキスト中のどこかに【双闘】アイコンがあるという意味ではなく、また他のカードからレギオンメイトとして指定されているという意味ではありません。
  • Q1677 (2015-10-22)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。

収録情報 節を編集

クランブースター連波の指揮官G-CB02/019 R イラスト/獣道蒼嵐は正義。 そして、可愛いも正義。