聖霊熾天使(ホーリー・セラフ) ラジエル/Holy Seraph, Raziel》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
エンジェルフェザー - エンジェル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【ソウルブラスト】(2)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのダメージゾーンのカードをすべて山札に戻し、その山札をシャッフルする。この効果で戻したカード1枚につき、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに表で置く。

 討神魂撃で収録されたエンジェルフェザーGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時にソウルブラスト(2)でダメージゾーンカードすべてを山札に戻し、この効果で戻したカード1枚につきデッキトップから1枚をダメージゾーンに表で置く自動能力を持つ。

 ダメージゾーンカード全てを同じ枚数の別の表のカードに入れ替えることができる。
 疑似的なカウンターチャージの他、ダメージゾーンに有益なカードが少なくなっている場合の仕切り直し等にも使えるので、必要に応じてこのカード超越することで大きな貢献を見込める。
 この点は「守護天使」のカード能力要件になってることが多い、「指定のカードダメージゾーンに置かれていること」を補助するときにも役に立つだろう。
 ただし、確実に狙ったカードを置けるわけではなく、逆に要件に対応している表のカードダメージゾーンを離れさせてしまい阻害してしまう可能性がある点には注意しておきたい。

 また、《ナース・オブ・ブロークンハート》《ミリオンレイ・ペガサス》《サウザンドレイ・ペガサス》等の能力を確実かつ効率良く多重誘発できる。
 それによって大幅なパワーの増加を狙えるので一種のフィニッシャーとしても活躍し得る。
 ただし、このコンボは読まれやすく、上記のカード退却等の手段で潰される危険性もあるので注意したい。

 更に同じ誘発タイミングでコストカウンターブラストを含む能力を持つ《黒衣の戦慄 ガウリール》との相性も良い。
 《黒衣の戦慄 ガウリール》能力を先にプレイすることで、ダメージゾーンに残っている表のカードの内の1枚を有効利用してからダメージゾーンの入れ替えが望める。
 逆にこのカード能力を先にプレイすることでダメージゾーンに裏のカードがない状況でもコストの確保とスペリオルコールの選択肢の拡張を同時に行うことができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1486 (2015-08-27)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1493 (2015-08-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1498 (2015-08-27)
    Q. この能力でダメージゾーンにトリガーユニットが置かれました。トリガー能力は使えますか?
    A. いいえ、使えません。この能力は「ダメージ」ではなく、ダメージゾーンに直接カードを置く効果です。そのため、ダメージチェックは行なわれず、トリガー能力は使えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/024 R イラスト/伊藤未生傷跡は、戦士の歴史そのものである。