決闘龍(けっとうりゅう) ZANBAKU(ザンバク)》(アクセル) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
むらくも - アビスドラゴン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]することで、あなたの山札から「アレスター」を含むカードを1枚探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、このユニットのパワー+5000。あなたの(R)に「ライト・アレスター」と「レフト・アレスター」がいるなら、相手は次のライドフェイズにグレード3からグレード3以上にライドできない。

 最強!チームAL4に収録されるグレード3のむらくも

 カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、山札から「アレスター」を含むカードを1枚探し、リアガードサークルコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、このユニットパワー+5000を与え、さらにリアガードサークル《ライト・アレスター》(Vシリーズ)《レフト・アレスター》(Vシリーズ)がいるなら、相手は次のライドフェイズグレード3からグレード3以上にライドできないターン1回の起動能力を持つ。

 単発効果によってリアガード1枚分のアドバンテージを得ながらパワーも得られる。

 コールできるカードは「アレスター」を含むカードに限定されているが、インターセプトに利用できる上にコストが同じ《隠密魔竜 マンダラロード》(アクセル)とは違い、起動能力であり継続的に利用できる点や事前の下準備を必要としない点、パワーを得られる点で優れている。

 また、追加効果によってリアガードサークル《ライト・アレスター》(Vシリーズ)《レフト・アレスター》(Vシリーズ)がいるなら、相手は次のライドフェイズグレード3からグレード3以上にライドできなくさせられる。

 ソウルグレード3があることを要件とする能力グレード3からライドする必要のある能力を軒並み封殺できる点は他のカードにはない長所。

 事前に《レフト・アレスター》(Vシリーズ)リアガードサークルにいる状態でこの能力効果《ライト・アレスター》(Vシリーズ)コールしあちらの能力も適用すれば、カウンターブラスト3枚と手札1枚のソウルインという重いコストになるが、それに見合った相手ヴァンガードスタンドノーマルライドを封じるコンボが成立する。

 ただし、単発効果にしろ追加効果にしろリアガードサークル《ライト・アレスター》(Vシリーズ)《レフト・アレスター》(Vシリーズ)の2枚が存在して初めて有効となり、《ライト・アレスター》(Vシリーズ)はこの能力効果山札からコールするのが都合が良いことを踏まえると、《ジャミング・インピーダー》能力を補助手段として場合はそちらでは《レフト・アレスター》(Vシリーズ)を優先的にに手札に加えるようにしたい。

 また、ライドできないのは相手ターンライドフェイズに限定されており、それ以外のタイミングでスペリオルライド可能な能力には対応していないため、それが可能な《団結の守護天使 ザラキエル》(プロテクト)《逆心の呪術師 ネグロブリーチ》には注意しておきたい。

  • スタンダード以降の他のカードと違い、ルールの変化、カードプールの変化により、以前では再現できなかったコミック「カードファイト!! ヴァンガード」第2巻に登場した当時のカードの再現が可能になったという珍しいカード。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック最強!チームAL4V-BT02/002 VR デザイン:伊藤彰 イラスト:三好載克差し向かいでの真剣勝負。逃げることは許されない。
V-BT02/SV02 SVR デザイン:伊藤彰 イラスト:三好載克なし