殲滅(せんめつ)(つばさ) ブレイドウイング・ティボールド/Wings of Annihilation, Blade Wing Tibold》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ダークイレギュラーズ - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:このユニットが(V)に登場した時、あなたの「ブレイドウイング」を含むハーツカードがあるなら、ドロップゾーンのカードをすべて山札に戻し、その山札をシャッフルする。さらに、ソウルが15枚以上なら、そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:あなたの前列のリアガードすべてのパワー+10000。』を得て、違うなら、【ソウルチャージ】(5)。

 ファイターズコレクション2015 Winterで収録されたダークイレギュラーズGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時に「ブレイドウイング」のハーツカードがあるなら、ドロップゾーンカードすべてを山札に戻し、さらにソウルが15枚以上なら『前列リアガードすべてにパワー+10000を与える永続能力』を得て、ないなら、ソウルチャージ(5)する自動能力を持つ。

 「ブレイドウイング」のカードハーツ化が必須となるが、ドロップゾーンカード山札に戻すことが可能。
 ハーツ化することができる「ブレイドウイング」はいずれもソウルが15枚以上あることで使える能力を有しており、その過程で消耗した山札を補充してデッキアウトを防げるのは非常にありがたい。
 特に《再来の翼 ブレイドウイング・レジー》《ブレイドウイング・サリヴァン》ソウルブラストを行うため、ドロップゾーントリガーユニットなどを優先して送っておいて山札の質を多少高めることも狙える。
 他にも《ブレイドウイング・サリヴァン》の防御力の高さを活かせば、相手デッキアウトを起こすまで耐え続けるという一風変わった戦法も十分狙える。
 ただし、ソウルの枚数が多いとドロップゾーンカードを全て山札に戻しても、山札の枚数はそこまで多くならないこともあるのでその辺りは注意した方が良いだろう。

 追加効果ソウルが15枚以上あるかないかで実行する内容が変化するようになっており、ソウルが15枚以上あれば『前列リアガードすべてにパワー+10000を与える永続能力』を得る。
 解決する前の時点でソウルが15枚以上ある必要があるので、相手ターンソウルを消耗してしまう《ブレイドウイング・サリヴァン》と併用する際には注意が必要。
 ソウルを余分に稼いでおいたり、前のターン《偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト》《ダークソウル・コンダクター》等を利用してソウルに枚数を維持できる工夫をしておきたい。

 ソウルが15枚以上ない場合にはソウルチャージ(5)を行うことができ、その後のターン超越した2枚目以降やグレード3の「ブレイドウイング」のカード能力を利用するための補助になる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1772 (2015-12-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1810 (2015-12-17)
    Q. この能力は強制ですか?
    A. はい、強制です。
  • Q1811 (2015-12-17)
    Q. 山札にカードがなくなったらどうなりますか?
    A. そのファイターは敗北します。
  • Q1889 (2016-01-21)
    Q. 「ブレイドウイング・ティボールド」にストライドした時、ハーツが「ブレイドウイング」ではなかった場合に「【ソウルチャージ】(5)」はできますか?
    A. いいえ、できません。テキストで「さらに、」から始まる文章は、前の文章の条件が満たされていなければ、解決されません。「ブレイドウイング・ティボールド」は、(V)に登場した時、「ブレイドウイング」を含むハーツカードがあり、さらに、ソウルが15枚以上でない場合に、【ソウルチャージ】(5)します。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015 WinterG-FC02/018 RRR イラスト/伊藤未生イレギュラーズ。抗う道を選んだ者達。