全智竜(ぜんちりゅう) チピトカーム》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
グレートネイチャー - ワイルドドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - 【コスト】[手札からグレードが合計3以上になるように1枚以上、捨てる]ことで、裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:あなたのカードが、(R)か山札からドロップゾーンに置かれた時、そのカードを山札の下に置いてよい。
【自】【(V)】:あなたのリアガードがアタックした時、【コスト】[【ソウルブラスト】(1),Gゾーンを1枚表にする]ことで、あなたの表のGゾーン1枚につき、そのバトル中、そのユニットのパワー+5000し、そのバトル終了時、そのユニットを退却させる。

 プレミアムコレクション2020で収録されるグレートネイチャーGユニット

 あなたカードが、リアガードサークル山札からドロップゾーンに置かれた時、そのカード山札の下に置いてよい自動能力あなたリアガードアタックした時、ソウルブラスト(1)し、Gゾーンの裏のカードを1枚表にすることで、あなたGゾーンの表のカード1枚につき、そのバトル中、そのユニットパワー+5000し、そのバトル終了時、そのユニット退却させる自動能力を持つ。

 2つ目の能力は、リアガードサークル山札からドロップゾーンに置かれたカード山札に置ける自動能力

 後半の能力時限誘発によって退却させられたカードの他、《黒曜の科学者 マチルダ》《バイナキュラス・タイガー》(Vシリーズ)効果山札からドロップゾーンに置かれたカード山札の下に置くことで、それらのカードを再利用したり山札切れの防止に繋げることができる。

 山札の下に置くかは任意であり1枚単位で取捨選択が可能なので、この能力で優先的にトリガーユニットを戻した後に《鉛筆従士 はむすけ》(Vシリーズ)等で山札をシャッフルし、その後のドライブチェックダメージチェックトリガーアイコンが発動する確率を高めることができる。
 それ以外のカードを戻す場合でも山札切れの防止に貢献できる他、有用なリアガード要員、山札をシャッフルする手段でもある《鉛筆従士 はむすけ》(Vシリーズ)自動能力で必要な山札《鉛筆騎士 はむすけ》(Vシリーズ)の補充をするといった用途にも役立てられる。

 3つ目の能力は、リアガードのアタックしたリアガードパワーを増やし、バトル終了時に退却させる自動能力

 効果量はGゾーンの表のカードに依存しており事前にその枚数を増やしておいた方が得ではあるが、この能力コストでも1枚表にするので少なくともパワー+5000を与えることができる。
 使用回数にも制限はないのでソウルの消費を厭わなければ、同一ターン中に複数回利用してその都度効果量を高めがら複数枚のリアガードに高パワーを与えるといったことも可能である。

 反面、時限誘発の存在によりパワーを増やしたリアガード退却させられるので、その都度1枚分のディスアドバンテージを負ってしまうことになる。
 2つ目の能力の存在により退却させられても山札の下に置いて再利用を狙うことはできるものの、ディスアドバンテージの発生を回避するならカード効果退却しない《スタンプ・ラッコ》(Vシリーズ)を利用するとよい。

 Gゾーンの表のカードの枚数次第ではあるがトリガーユニットでも十分高パワーにすることが可能なので、山札トリガーユニットの枚数を増やしたい場合はトリガーユニットと併用することを考慮できる。

 また、コストではGゾーンの好きな裏のカードを表にできるので、《極智竜 マーナガルム・アウルム》を表にしておくことで、このカードアタックした時に手札からのコールで後続となるスタンド状態のリアガードを補充することができる。
 そちらのコストにもソウルブラストが含まれているのでソウルの消費はさらに嵩むものの、リアガードの疑似スタンドによってバトル回数の増加に繋げられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャルシリーズプレミアムコレクション2020V-SS07/024 RRR イラスト/タカヤマトシアキ危機を学んで勝機に変えよ。
V-SS07/S24 SR イラスト/タカヤマトシアキ(※なし)