(ひかり)聖域(せいいき) ブライトネス・ドラゴン/Sanctuary of Light, Brightness Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2),【ソウルブラスト】(2)] あなたの《ロイヤルパラディン》のリアガードを3枚まで選び、そのターン中、パワー+5000。そのターン中、この能力は使えなくなる。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの呪縛カードを1枚選び、解呪する。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 呪縛ブレイクキャンペーンで配布されたグレード3のロイヤルパラディン

 リミットブレイクは、1ターンに1回、カウンターブラスト(2)とソウルブラスト(2)でロイヤルパラディンリアガード3枚までにパワー+5000を与える起動能力

 起動能力なので融通も利き、単純ながら十分に優秀な能力
 しかし2回使用するためにはソウルが4枚必要になり、そのままでは使用できないので、《まぁるがる》などによるソウルの補充が必要になる。

 もう1つの起動能力では解呪を行うことができる。
 コストの競合がネックとなるが、前列呪縛カードが置かれていると1つ目の能力が活用しずらくなってしまうのでコストがあれば解呪しておきたい。

 当然ながら【リンクジョーカー】以外のデッキに対しては無いも同然の能力になるため、1つ目の能力目当てで使用するなら「あるに越したことはない」程度の意識になるだろう。

 「光の聖域」に属するカードの中では最大の元々のパワーを持っているので、《光の聖域 プラネタル・ドラゴン》《光の聖域 デタミネイター》能力スペリオルコールする対象としても有意義である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

聖域と呼ばれる神聖国家の中でも、より高次の場として秘匿されている領域、「神域」の門を守護していた光の戦士。 当代の門番である「プラネタル・ドラゴン」の師でもある。 強化魔法を充填する事ができる特殊魔導兵装で全身をコーティングしており、自身はもちろん、仲間にもその恩恵を分け与える事ができる。 当代の座を譲った後、音信不通となったスターゲートへの潜入調査を請け負っていたが、「インフィニットゼロ・ドラゴン」率いる“リンクジョーカー”の大部隊に襲撃され、重傷を負ってしまう。 その場は辛うじて切り抜けたものの、呪縛(ロック)の影響で力の大半を抑えられてしまった為、「エイゼル」より「解呪(アンロック)」の極意を習得するまでは、半ば封印状態で孤立していた。 若き英雄に授かりし、呪縛を滅する破邪の力。 輝きを取り戻した神域の番人が、侵略者の喉元に牙を立てる。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード呪縛ブレイクキャンペーンPR/0160A イラスト/パトリシア我らが聖域より去るがいい、邪悪なる侵略者よ!
PR/0160B イラスト/パトリシアこの輝きは、決して色褪せることはない。