《メイデン・オブ・ビーナストラップ ミューズ/Maiden of Venus Trap Muse》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ネオネクタール - バイオロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚まで見て、あなたの、(V)か(R)にいる《ネオネクタール》と同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 カードファイトパックVol.12で収録されたグレード3のネオネクタール

 リミットブレイクは、ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)で、デッキトップ5枚までからヴァンガードサークルリアガードサークルにいるネオネクタール同名のカードを1枚までスペリオルコールする自動能力

 単純にアドバンテージにするのに限らず、バトルフェイズ中のスペリオルコールにより疑似スタンドを狙うことができるが、5枚以内かつヴァンガードサークルリアガードサークル上にいるネオネクタール同名のカードのみという不安定さが問題点。

 前列後列のどちらかが欲しい場合はさらに選択肢が限られてしまうのに加えて、ネオネクタールは元々同名のカードスペリオルコールするギミックを持つものが少なくなく、それらの能力との噛み合わせが悪い点にも注意が必要である。

 また、リアガードが1枚もいない場合でも2枚目以降をスペリオルコール可能だが、それでは成功率が低すぎるため、極力それぞれ異なるカード名を持つリアガードをなるべく多く揃えておきたいところ。

 カウンターブラストデッキトップの確認枚数が同じである《メイデン・オブ・ビーナストラップ “Я”》と比べると、確実性という面でどうしても見劣りする。
 そのため、こちらの特有の利点である疑似スタンドを狙える点や【リンクジョーカー】呪縛カードを利用されない点等を活かしたプレイングが求められてくる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「虚無(ヴォイド)」の侵蝕から解放された「メイデン・オブ・ビーナストラップ」本来の姿。 一人のバイオロイドであると同時に警備システムでもある彼女は、用途によって形態を変化させる事が可能であり、捕縛が難しいと判断した侵入者に対してはこの戦闘特化形態「ミューズ」となって自ら迎撃を行う。 心身共に弱り切った状態で反転させられていた事、“ネオネクタール”には未だ“リンクジョーカー”に関する情報が少ない事などが理由で復帰は絶望的と見られていたが、ユナイテッドサンクチュアリより救援に駆け付けた「トゥールーズ」ら旧知の騎士達の活躍によって、無事解放に成功した。 “リンクジョーカー”と直に矛を構え、なおかつ復帰した“ネオネクタール”のセキュリティは彼女のみであり、現在はその経験から得た情報を生かして聖域の救援隊と共に「虚無」の力の更なる分析に努めている。

  • 「ミューズ(Muse)」とはギリシア神話で、知的活動をつかさどる九人の女神の事である。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカードカードファイトパックvol.12PR/0184 イラスト/島崎麻里怖がることはないわ。ほら、みんな貴方を歓迎してる。
PRカードアニメ「カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編」DVD(12)初回封入