《ヌーベルクリティック・ドラゴン/Nouvellecritic Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - フレイムドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から「超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ」を1枚選び、公開する] このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの《かげろう》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。

 創世の竜神で収録されたグレード2のかげろう

 カウンターブラスト(1)で手札《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》1枚を公開することで、相手リアガード退却させる。

 手札《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》を保持しておく必要があるものの、実質カウンターブラスト(1)のみであらゆるリアガード退却させられるという非常にコスト効率の良い能力である。

 《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》グレード4なので手札に残りやすいため、ある程度噛み合っていると言える。
 《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》山札に戻してしまう《ヌーベルロマン・ドラゴン》との兼ね合いについても、先にこちらを使ってしまう分には支障は出にくい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ」の夢から生まれたと伝えられる不死の竜。 時を同じくして生み出された「ヌーベルロマン・ドラゴン」同様、創造主に付き従う忠実なる従僕。 あらゆる言語を解し、如何な種族とも意思疎通が可能であったと記述されている。 クレイの生態系を総べるという超越龍の思想が具象化したような存在で、主の代わりに星を巡り、獣や竜、知的生命体、果ては単細胞生物まで、様々な者達の進化と退化を観測し続けていた。 また、主を守護する役目を持つ同胞とは違い、行き過ぎた人や獣達の争いに手を下すなど、自らの意志で星の歴史に介入する事もあったという。 彼らは超越龍の深層意識の表れ――云わば五体の一部とも取れる存在。 しかし、前述のような行動を取っていた事から、それと同時に一個の生命体として確立していたのではという仮説も立てられている。

FAQ 節を編集

  • Q684 (2013-11-21)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q687 (2013-11-21)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q695 (2013-11-21)
    Q. このカードの能力で公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。

収録情報 節を編集

エクストラブースター創世の竜神EB09/006 RR イラスト/藤ちょここれからは新たなる時代だ。旧き役者は退場願おう。