《アルボロス・コンポスト・ドラゴン/Arboros Compost Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ネオネクタール - フォレストドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの「アルボロス」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットと同名のあなたのリアガード1枚につき、1枚引く。

 超極審判で収録されたグレード3のネオネクタール

 アタックヴァンガードヒットした時に「アルボロス」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(2)で自身と同名リアガード1枚につき、1枚ドローする自動能力

 同名リアガードが1枚の状況では、《グラスビーズ・ドラゴン》と同等のコスト効率だが、同名リアガードが2枚以上いれば、《メイデン・オブ・ロストメモリー》に少し似たコスト効率の良いドローを行える。

 同名リアガードを揃えるのは、《常夏の花乙姫 ベラーノ》等のスペリオルコール《風に舞う乙女 フランソワ》《アルボロスの親衛 アイリ》等の同名のカードとして扱う能力を利用することで補助できる。
 狙えるタイミングは遅めとなるが、《介助の乙女 ルツィエ》でこのカードブーストし、先にあちらの能力解決し、その効果でこのカードを選ぶことでバトルの回数を増やしながらドローの枚数を増やすこともできる。

 少々変わった使い方としては、《萌しの乙女 イーダ》起動能力によって、《メイデン・オブ・フラワーピストル》《風に舞う乙女 フランソワ》を使う場合とは逆に、このカード自身を他のリアガード同名のカードにすることで同名リアガードを増やす方法がある。
 これなら《アルボロス・ドラゴン “若枝”》《アルボロス・ドラゴン “樹”》能力によって山札からスペリオルコールされたグレード1以下のリアガード同名のカード扱いにできるので、同名リアガードが複数並び、大量のドローが狙える。

 要件の都合上、ほぼ【アルボロス】となるので汎用性は低いが、そちらは早い段階から同名リアガードを揃えやすいので5ターン目からでもガード強要行えるのはありがたい。

 また、元々のパワーの高さから、《アルボロス・ドラゴン “創聖樹”》能力スペリオルコールする候補としても優れる。

 注意点は、ヴァンガードサークルでも有効となる能力であるが、似た能力を持つ《メイデン・オブ・ロストメモリー》と違い、効果で参照するのは同名ユニットではなく、リアガードであるため、同名ユニットヴァンガードサークルにあるこのカード1枚のみである場合は、ドローできない事に気を付けたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2462 (2016-08-25)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/095 C イラスト/TODEEアルボロスの恵みは、奇跡を授ける種となる。