霊符(れいふ)神器(じんぎ) エクスペル・エンジェル》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ジェネシス - ノーブル パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】:[あなたのドロップゾーンからこのユニットと別名の「神器」を含むノーマルユニットを3枚選び、山札の下に好きな順番で置く] あなたの「神器」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+3000し、あなたのGゾーンに表の「神器」を含むカードがあるなら、1枚引く。

 竜神烈伝で収録されるグレード1のジェネシス

 1ターンに1回、ドロップゾーンから自身と別名の「神器」のノーマルユニット3枚をデッキボトムに置くことで、「神器」のヴァンガードがいるなら、パワー+3000を得て、Gゾーンに表の「神器」のカードがあるなら、1枚ドローする。

 《次代の神器 スクルド》自動能力と同様にコストを利用して山札の補充が行えるカードであるが、こちらはメインフェイズ中にパワーの増加やドローが行える起動能力となっている。
 それぞれの要件を満たす必要はあるものの起動能力である事からコストを確保できていればノーマルコールして即座に使えることで即効性があり、攻撃的な利用がしやすい。
 コストに対応しているのはこのカード別名の「神器」のノーマルユニットなので、別の《霊符の神器 エクスペル・エンジェル》を使い回す用途には使えない点に注意しておきたい。

 前半の効果は、「神器」のヴァンガードがいるなら、パワー+3000を得る継続効果

 こちらの要件【神器】あればほぼないに等しく、単体パワー10000のブースト役となることで【神器】の弱味となっている左列右列の要求シールド値の低さの補強が狙える。
 パワー11000以上のユニットブーストすればパワー21000ラインを形成できる。

 後半の効果は、Gゾーンに表の「神器」のカードがあるなら、1枚ドローする単発効果

 メインフェイズ中に使えるドロー手段となり、こちらの要件は前のターンに適当な「神器」のGユニットを利用しておくだけで満たせ、ターンの開始時の段階で満たせていない場合でも、《先史の神器 ウルズ》等のコストを利用することで対応できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/069 C イラスト/樹人札を扱うことに関して、彼女の右に出るものはいない。