銀の茨の獣使い(シルバーソーン・ビーストテイマー) エミール/Silver Thorn Beast Tamer, Emile》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ペイルムーン - エルフ パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【起】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] あなたの山札の上から5枚見て、グレード3とグレード2とグレード1の、カード名に「銀の茨」を含むカードをそれぞれ1枚まで選び、ソウルに置き、その山札をシャッフルする。

 無限転生で収録されたグレード0のペイルムーン

 1:0交換ではあるが、最大で3枚の「銀の茨」をソウルに置くことができるという破格の効率になる。

 メインデッキを「銀の茨」のカードで統一した【銀の茨】であれば、1枚もソウルインできないことは稀だろう。
 「銀の茨」のカードソウル補充系能力の中でも見られる範囲が広く、クロスライドの補助も低くない確率が期待できる。

 同じく【銀の茨】ソウル補充を目的とするファーストヴァンガード候補となる《銀の茨のお手伝い イオネラ》と比べてディスアドバンテージを伴うが、【銀の茨】ソウルからスペリオルコールすることでリアガードの補充が狙える能力が多く、損失は気になりにくい。
 また、奇術能力によってこのカードスペリオルコールすると、どのみちターンの終了時にソウルインされてしまう時限誘発があるので、比較的損失を気にせずに使いやすい。

 また、コストソウルインするので、ソウルからスペリオルコールする手段と併用する事で再利用が狙える。

 結果的に山札ノーマルユニットを減らせるので、相対的に山札トリガーユニットの割合を向上させるといった運用が可能である。

 また、カウンターブラストジェネレーションブレイクの制約なしでソウルインできるので1~2ターン目の段階で能力を利用するという方法もある。
 【かげろう】等に退却等で処理させられるリスクを回避できる。

 【銀の茨】では珍しくシャッフルを行えるので、《銀の茨のお手伝い イリナ》効果などでデッキボトムに置かざるを得なかったトリガーユニット守護者を再利用する目的で使用する事もできる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q648 (2014-02-27)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 見たカード全てを山札に戻してシャッフルして下さい。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/081 C イラスト/田所哲平わたし、びーすとていまーなの! すごい?すごい?