超次元(ちょうじげん)ロボ ダイザウラス》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー13000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのターン中、あなたのダメージゾーン1枚につき、このユニットのパワー+5000。
【自】【(R)】:アタックしたバトル終了時、あなたのヴァンガードのパワーが35000以上なら、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く]ことで、そのターン中、あなたのヴァンガードのパワー+10000/ドライブ+1。

 My Glorious Justiceで収録されるグレード3のディメンジョンポリス

 1つめの能力ヴァンガードであれば、自分のダメージゾーン1枚に付き、自身のパワーを+5000する永続能力

 2つめの能力リアガードである時、アタックが終了した時にヴァンガードパワーが35000以上ならば、カウンターブラストと自身のソウルインでヴァンガードのパワーを+10000、ドライブ+1する自動能力

 1つめは最大でパワー25000上昇し、フォースⅠと組み合わせることで単体で48000のパワーを獲得する。リアガードサークルにもう1枚コールすれば、自動能力でパワー58000にドライブチェック3回になり、フォースⅡでもクリティカル2の状態でドライブチェックの回数を増やせるので、ガードの強要力は上がる。

 自動能力のみを要求する場合、スタンダードプレミアムスタンダード共にヴァンガードのパワーが単体で35000必要というハードルが少々高めだが、元々ヴァンガードのパワーを上昇させる手段が豊富な次元ロボである上にブレイクライド超越フォースⅠで難易度を大幅に下げられる。《超次元ロボ ダイカイザー》ブレイクライドした《究極次元ロボ グレートダイカイザー》《次元ロボ司令長官 ファイナルダイマックス》とは特に相性が良く、最高で4回のドライブチェックに加えて《次元ロボ ダイマリナー》(Vシリーズ)《次元ロボ ダイランダー》(Vシリーズ)を組み合わせてよりフィニッシュの性能を高められる。
 
 いずれにしても、このカードを採用する場合はコンボを重視した構築が必要となる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターMy Glorious JusticeV-EB08/010 RR イラスト/山崎太郎強者の誇りは、時を超えて受け継がれる。
V-EB08/SP07 SP イラスト/山崎太郎なし