破壊暴君(はかいぼうくん) グラドギガント/Destruction Tyrant, Gradogigant》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)/(R)】:暴喰(アタック時、他のあなたのリアガードを1枚以上退却させてよい。退却させたら、そのターン中、暴喰状態になる)
【自】【(V)】:このユニットが暴喰状態になった時、そのターン中、このユニットの暴喰能力の効果で、このターンに退却させたユニット1枚につき、このユニットのパワー+5000。このユニットの暴喰能力の効果で、このターンに退却させたユニットが3枚以上なら、1枚引く。

 ファイターズコレクション2016で収録されたたちかぜGユニット

 暴喰状態になった時に自身の暴喰能力効果でこのターン退却させたユニット1枚につきパワー+5000を得て、自身の暴喰能力効果でこのターン退却させたユニットが3枚以上なら1枚ドローする自動能力を持つ。

 1枚分の効果では《破壊暴君 アークレイダー》、2枚分の効果では3枚分の効果を利用した方が効率が良く、4枚分以上の効果はやや過剰気味になりやすいことに加えて5枚の退却が可能なら《絶対王者 グラトニードグマ》を利用した方が効率が良いので、基本的に3枚分の効果での利用が基本となる。

 3枚分の効果ならパワー+15000を得られるが、3:1交換のカード消費は痛い。
 《帝竜 ガイアエンペラー》《シーラマグナム》等を併用して、発生するディスアドバンテージを減らしておくようにしておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

超越によって「過去から」出現した“たちかぜ”の生物兵器。
が、その装備は明らかに現代より優れた武器を過剰に搭載しており、
この個体もまた、遥か未来から過去に渡ったと考えられる。
ただし、この個体に関する記録は現在のところ確認できておらず、詳細は不明。
明らかになっているのは「現代に降り立ったグラドギガントは優れた戦力になる」という点のみであり、
実のところ、たちかぜにとってはそれだけが明らかであれば十分でもある。

もし、この個体が搭載している武器を100%使いきった場合、
広大な面積を誇るドラゴンエンパイアの80%は焦土と化すと計算されている。
問題はただ一つ。
100%を使い切るためには、現在の輸送ラインでは食糧が追いつかない、という点である。
上層部では、次回の超越に備え、食糧補給用のキャリー・トリロバイトの増員を検討しているという。

FAQ 節を編集

  • Q2066 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2100 (2016-04-28)
    Q. 暴喰の効果で【ブースト】しているユニットを退却させた場合、【ブースト】で得たパワーはどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中に退却した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q2101 (2016-04-28)
    Q. 暴喰状態のユニットが、もう一度アタックした時、暴喰でまたリアガードを退却させることはできますか?
    A. はい、できます。ただし、すでに暴喰状態である場合、暴喰状態から暴喰状態になることは無いので、「暴喰状態になった時」のような能力がもう一度発動することはありません。
  • Q2102 (2016-04-28)
    Q. 暴喰状態のユニットが複数回アタックし、そのたびに暴喰でユニットを退却させた場合、「このターンにこのユニットの暴喰能力の効果で退却させたユニット」の枚数は合計されますか?
    A. はい、合計されます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/015 RRR イラスト/HMK84ディノドラゴンの装備に「盛り過ぎ」の概念はない。