特装天機(アークエイダー) マルクトメレク》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (プロテクト)
エンジェルフェザー - エンジェロイド? パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:登場時、【コスト】[【カウンターブラスト】(2)]することで、相手のヴァンガードのグレードが、2なら、相手のヴァンガードに1ダメージ。3以上なら、あなたのダメージゾーンから1枚回復する。(ダメージチェックも行う)
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【ソウルブラスト】(1)]することで、あなたのドロップゾーンから3枚まで(R)にコールし、そのターン中、あなたの前列のユニット3枚のパワー+5000し、このユニットに1ダメージ。(ダメージチェックも行う)

 The Astral Forceで収録されるグレード3のエンジェルフェザー

 1つ目は、登場時にカウンターブラスト(2)することで、相手のヴァンガードグレードが2なら相手のヴァンガードに1ダメージ、3以上なら自分のダメージゾーンから1枚を回復する自動能力
 前者は、主に5ターン目に発揮されるものだが、《ファントム・ブラスター・ドラゴン》(フォース)《餓竜 ギガレックス》(アクセル)と同じくバトルフェイズ前に、しかもライドフェイズに相手のヴァンガードにダメージを与えられるというのは中々のもの。
 ただ、当然のごとくダメージチェックも発生されるため、運に左右されやすい所も同様。

 後者は、主に6ターン以降に発揮され、ヒールトリガーを使わずにダメージゾーンから1枚を回復できるのはかなり大きい。
 特に序盤でダメージゾーンに置かれたカードをドロップゾーンに置いて、後述の効果を使うための布石としても使える。

 2つ目は、ソウルブラスト(1)でドロップゾーンから3枚をリアガードサークルコールし、さらに前列のユニット3体のパワーを+5000、その代償として自身に1ダメージを与える起動能力
 前述した自動能力と対照的に自らのダメージゾーンの枚数を増やしてしまうリスクはあるが、手札を消費せずにリアガードサークルの大半を埋めることができ、その上、ユニットの強化やダメージチェックによる疑似的なドライブチェックと、贅沢尽くしの能力である。
 主に効果を発揮させた後に退却してしまう《救装天機 ザイン》《救装天機 ラメド》はもちろんのこと、ソウルブラストやガードなどで複数枚のカードがドロップゾーンに置かれることを逆手に取ることができ、ソウルブラストヒールトリガーによってドロップゾーンに置かれたカードも、そのままリアガードとして使うこともできる。

 もちろん、ダメージチェックトリガーユニットが出れば、そのまま発揮されるため、ある程度の引きが必要だが、この能力のパワー増加と掛け合わせるのも面白い。
 また、相手よりダメージゾーンの枚数を多くして、ヒールトリガーによる回復の発生率を上げたり、《サージカル・ナース》《サービス・インプローバー》などの、ダメージゾーンに新たなカードが置かれていることを条件に効果を発揮するユニットの能力を能動的に引き出すことも可能。
  
 登場と同時に相手のヴァンガードへの効果ダメージや自分のダメージゾーンからの回復、さらにはダメージゾーンを自ら増やすことを引き換えに自軍の再構築とダメージチェックを行ったりするなど充実した能力を持っており、全体的に完成度が高い。
 単体による制圧力は少なめだが、自力で回復できることやスペリオルコールされたユニット達による奇襲や牽制、さらにはこのユニットを含めた自軍の強化をこなすだけでなく、場合によっては自身がフィニッシャーとしても機能するため、戦略面でも大きく立ち回ることができる。
 加えて、リスクを除けば使用されるコストの燃費がよく、専用サポートである《オースカルテイト・エンジェル》《快癒の天撃 ベルケエール》でソウルやダメージゾーンを操ることができれば、ドロップゾーンに置かれたカード達を何度も復活させることが可能となる。

 攻防に優れた所が多く、リスキーな所はあるものの、これほど魅力的な効果を詰め込んだユニットはあまりいないだろう。

関連カード 節を編集

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe Astral ForceV-EB13/001 VR イラスト:HMK84天使が舞い降りる。傷だらけの鋼の翼で。